« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

読了本

幽霊花 上 /長坂秀佳著/角川ホラー文庫

SFC版「弟切草」は好きでした。選択肢の必然性ってものがなくて、進め方によっては話のつじつまあわなかったりとかあるのですが、全体の雰囲気が良いし、怪魚どんな弟とかのおちゃらけ編は楽しめたし。

そんな懐かしい名を書店で見かけたから購入しました。今までこのシリーズの小説は読んだことなかったのですが……評判見てから手にとれば良かったよ……

最初から見え見えの伏線張りで、「もしかしたら最後にどんでんがえしがあるのか」と思ったけどそんなこともなく順当にあやしい人物が犯人という、ミステリ読みでない私ですらがっくりするような"犯人当てゲーム"でした。それなのに後書きでは自信満々と「まず犯人は当てられないだろうと自負」している……
設定も、小中学生の妄想レベルの秘密組織なので、リアル感なしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天狗の八衢/その5

前回までに書いていた中には大分間違いがあります(^^;
万が一ここの記事見て参考になされた方いらっしゃったら申し訳ありません。

とりあえず嵯門の実験くんの結果。
嵯門受となるためには、攻撃力が5以下であることが条件のようでした。
攻撃力6以上だと、防護力がいくら高くても攻になるようです。同じ8章のセーブデータ利用での結果なので、それ以前の章とか、他のキャラのパラメータとかの要素は関係なさそうです。(もちろん、キャラ選択はずっと嵯門にしておく必要はありますけどね)
基本的には攻めキャラって設定なのかなぁ。でも、攻撃力・防護力共に5の場合は受になるってのが謎なんですけど(^^;

前に、7章以降へ進むためには1,2,3,4のボタン押さなきゃ~、とか書いたのですが、これは7章までに物語力を32以上にさえすれば古代話は見ていなくてもOKのようでした。
最初の内は神経衰弱に慣れていなくて物語力足りなかったのかなぁ?でも初回から神経衰弱の時に右上にでる数字は毎回クリアしていた気がするんだけどなぁ……

嵯門以外のキャラの実験くんが済んだら、ゲーム部屋の方に攻略のまとめを書いた方が良いのかしら。果たして需要があるのかどうか分からないですが(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひよこやCD

マリン・エンタテイメントのページも更新なっていました。
声優陣は本当に豪華でした。主に乙女ゲー好きにとって(笑)

深川りく:福山潤/壱也:千葉進歩/双葉:緑川光
椎:石田彰/皐月:森田成一/澪(ミオ):朴王路美
木花(このはな):釘宮理恵/サイカ:山口勝平
水野:中原麻衣(他)

壱也兄はセレストの人で、澪がカナン王子の人、椎が白鳳の人ときたら、親分役の小杉さんもいて欲しかったところですが、いかんせん、ひよこやには小杉さんの声が似合うようなキャラがいない(^^;(王子さまLv1&1.5)
緑川さんが壱也兄だったりしたら、壱哉さまと混乱しそうだとか。(俺の下であがけ)
森田成一さんって知らないなと思ったら、火原っちの人だったのですね。ついでに志水役の人もいる。(金色のコルダ)
ってことで、男性陣はあまり声優に詳しくない私でも見事なまでに全員お馴染みな声なのでした。
これはやはし買わなくちゃかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天狗の八衢/その4

なんとか一枚絵コンプリートなりました。
んでも攻受判定基準がいまひとつ分からないー。やっぱり実験くんするしかないのか。

以下ネタバレ有り。
嵯門の受がなかなか出なくて苦労したですよ。防護力MAX(36かな?)、攻撃力11でも攻になるし……。攻撃力5、防護力8でようやく受になったのですが。うーん、攻撃力・防護力の他に何か条件あるのだろうか。
スチル有りのBAD ENDでは、弟のが結構大変。なかなか負けてくれないから。もう「阜生攻撃外すなよー」って何度叱咤したことか(笑)
強化モードは、あのステキな絵も、是非一枚絵に加えて欲しいくらい楽しかったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しまった…

本日午前中、歯医者の帰りに本屋に回り、数冊購入してきたのですが……
確か18日発売の白泉社コミックスで、乙女ゲー関連のがあったなと記憶していたので、平台に並んでいた「金色のコルダ3巻」を何のためらいもなく買ったのですが、後で気がついてみれば、18日発売のは「フルハウスキス2巻」でしたよ。コルダは既に購入済み(^^;
フルキスも並んでいればこんなことにはならなかったのですが、ウチの辺りでは、大概の本が発売日翌日のお昼以降じゃないと店頭に並ばないということを失念していました。

ひよこや商店3巻」も購入。今度ひよこやはCDドラマ化なるのですね(^^)
発売元なるマリン・エンタテイメントのHPもチェックしてみたのですが、紹介文には「巣田祐里子原作のドタバタ商売コメディー「ひよこや商店」が豪華声優陣を配してドラマCD化です!!」とあるのに、出演声優欄はまだ未定(^^; 壱也兄は誰が声をあてるのだろう。
アスカの全プレでもCDあるみたいなので、思わず応募しちゃいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天狗の八衢/その3

例によってネタバレ有り。
今回は阜生×彪彦を見た後、8章のセーブデータ利用で彪彦×阜生を見ました。
どっちも攻撃力より防護力の方が高い場合、どうなるのかなと思ったら、防護力関係なく攻撃力高い方のキャラが攻めになるようでした。もうちょっと余裕が出たら、きちんとした条件を探ろうと思います。
眼鏡を取った阜生は妙に若い顔な感じ。

神経衰弱も慣れてきたのでそれ程苦でもなくなりましたが、さすがに平日は1周で手一杯かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミラワイン

「契」シリーズ今年も発売するらしい。
いつものワインだけだったら、別に買わなくても良いかなと思っていたら、今年はポン酒が加わるとのこと!
「上杉夜叉衆"繚乱"セット」だそうだ。
地元の酒の味は好みじゃないんだけど、でもやっぱり買っちゃうんだろうな(^^;
受付開始は9/1よりなので、まだまだ先の話ではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天狗の八衢/その2

例によってネタバレ有り。

ゲームの進め方も何となく分かってきたので、今回はちゃんとボブ有りEDにたどり着きました。
玖珠見×彪彦です。玖珠見って攻めっぽいでしょう?(もしかして世間と評価が違うかもしれないが)
もうちょっと攻撃力・防御力の調整をちゃんとして、簡単にリバ見られるデータ作っておけば良かったと後悔。次回の課題にしなくては。
十種の神宝を集めるための絵合わせが、結構大変です。どうやら全種集めないとちゃんとしたEDにはならないみたいですが、札の並びの運・不運にかなり左右されるのですよ……

システムにわがままを言えば、セーブ・ロード画面を任意に呼び出せるようにしてもらえるとありがたいなぁと思います。何分にもネオロマ系ゲームで、リロードしまくりなゲームスタイルが標準になっているので(笑)
まあ起動に時間が掛からないから、一旦終了して再起動でも事足りますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天狗の八衢/その1

天狗の八衢早速ダウンロードしました。
大昔に買ったウェブマネーの残金がきっかし1500円だったので好都合だったし(笑)

1回目は、BAD ENDでした。以下ネタバレ有り。
まあ1回目は仕方ないと、2回目やってみたのですが、やっぱり7章目から先へ行けない。さすがに悔しくて、何故だと画面をじっとにらみながら考えこんだのですが、何のことはない、セーブ・ロード画面にある1,2,3,4のボタンに触れていないことが原因でした(^^; これを見ないと先へ行けないんですねー。
そこまでは戦闘もないので、「攻撃力」「防護力」の存在意義も疑問で、攻×受判定だけだったら違う単語使っても良いのになぁと思っていましたよ。ちゃんと、その後戦いもあるんですね。(ヌルイ戦いではありますが……)
無事EDまではたどり着きましたが、ボブ要素はかけらもない展開でした(笑)
で、ED見るとズルモード(強化モード)出てくるってのに笑わせてもらいました。まだこれは使っていませんけどね。

さて、他のED・エピソード見るべくコンプリート目指して頑張ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フルキス1周終わり

ようやくフルハウスキスをEDまで見ました。いったい何ヶ月かけているのやら。
(思い出した時に、ちびちびとやっていたから(^^;)

とりあえず1周目はメインであろう御堂狙いで。
ホントは御堂より麻生の方が良かったんだけどね、初めに決めた方針を貫きましたよ。
途中寄り道して麻生に乗換えイベントはチェックしたけどね(笑)

理事長の永世は結構好きでしたよ。ヘタレを装って誘ってるっぽくて。うっかり「共に破滅の道を進みましょう」と手を握りたくなったり(爆)

えーっと、まだ回収できていない謎とかあるしー、一応麻生EDも見てみたいしー、今回は松川・一宮とは殆ど接点持たずに進めたから背景がちっとも分からなかったしー、ってことで、あと1周くらいはやろうかと。……コンプリートまでする気力はないですが…ゲームのテンポが悪いしねぇ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エキスパートガイド

購入。 イベントチャートが主でした。 私としては、特技入手の、一定の条件の具体的数値等を知りたかったんだけどもな。……まあ、最初からそんなとこまでは載っていないだろうとは思っていたけど(^^; 相変わらずなコー○ー商法のガイドブックを、しっかり3冊買っちゃうし。メッセージコレクションは、出ても買わないけどね。そこまで貢ぐのは卒業したのよ。多分……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶碗とか最終回とか

今回のお稽古での薄茶用茶碗は、紀宮様ご婚約記念だという、御印である未草をあしらった雛ノ絵の茶碗でした。
男雛がこちらから見て右側で、しかも一歩前に描かれている絵柄な辺り、さすが皇室関係(便乗?(^^;)商品だなぁと思って拝見してきました。

ここ最近は、Wings購読を止めていたのですが、今月号はドラゴン・フィストが最終回だというので買ってしまいました。……その前の回を読んでいないから、感動が半分味です。半端に雑誌買わないで、素直にコミックス待ちすれば良かったですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »