« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

更新記録

遙か花絵巻3」に桐の花UP。
なかなかちゃんと撮影できそうな木を見つけられないですー。あんまし、いかにも”桐”って感じの写真じゃありませんが、ご容赦下さい。
かなり高い位置に咲いているので、高い倍率で撮っています。

昔はそれこそ「女の子が生まれた時に、お嫁入りの際箪笥を作ってあげられるように」とかで植えている家も多かったそうですけどね。今は古い屋敷にちらほら見えるくらいかなー。父の実家でも、母の実家でも昔は植えていたそうですが、今は無いとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信長様ファン

昨日の深夜TV(←BGM代わりにつけていたので何の番組は分からない)で、えなりくんと高見沢さんが信長様の話で盛り上がっているというのを聞いて思ったこと。

きっと高見沢さんは信長様の美学という視点、えなりくんはオヤジ向けビジネス書的視点で見ているに違いない。

おなじ人物についての話題でも、大分視点が違っているだろうなぁ(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

オンライン申請

今年3月の法律改正により、オンライン指定庁になった登記所から順次オンライン申請が出来るようなり、併せて従来の登記済証(いわゆる権利書)が廃止され、登記識別情報というのが通知されることになりました。
だが、現在指定庁となっているのは、さいたま地方法務局上尾出張所の1箇所のみで、うちの方の登記所がオンライン指定庁になるのはまだまだ先だから、登記識別情報の実物を目にするのは当分ないだろうと思っていたら、滅多になく上尾の物件の仕事が舞い込んできました。

オンラインではなく、紙申請(代理申請頼んで)で出しましたけどね、まだ軌道に乗っていないらしく、受付してから登記が完了するまで1ヶ月近くかかりましたよ。新制度に馴染むまでは大変だなぁって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本

大きな玉ネギの下で story of ’85】サンプラザ中野著/講談社

書店で、随分なつかしいタイトルみかけたので購入してみました。
この歌が出てから、20年もの月日が経っていたのですね。
爆風のアルバムは1枚も持っていたなかったりしますが(^^; あの頃は、何組ものバンドが参加してのロックフェスティバルみたいのが盛んで、うちの方の田舎でも、爆風スランプ・ハウンドドック・中村あゆみ他が一同に会しての野外コンサートがありました。私が爆風を生で見たのはそれ1回きりですが、TVへの露出度多かったからね、結構楽しんで見ていたなぁって、そんな懐かしい想いにふけりながら読みました。

ストーリーは、曲の内容とシンクロする、苦く切ない青春小説でした。
主人公の女の子は、「リリアン学園にでも通っていますか?」ってくらいリアリティ薄いセリフ回しだったりもしますが(笑)、まあその辺は空想上の少女ってことで、あまり気にしないのが吉なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

をや?

アマゾン内で検索していて気がついたこと。
王レベの「1」だけが、メーカー名「アリスソフト」になっている。
まあ現在注文しようと思ったら、アリスソフトの方になっちゃうのだろうが。
でも他のは「アリスブルー」のままなんですよ。「1」だけ、ブルー休止後、再入荷なったとかなのかしら?
今でも売れ続けている=「3」への希望がまだあるっていうのだと良いのだけどなぁ。続きやりたいですよー。八翼揃い踏みが見たいー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らぶらぶ?

現在二周目の、グレイ主人公でアルベルトを連れてナイトハルト様に謁見時思ったこと。
以下、腐女子的なので、お嫌いな方はスルーして下さい。

アルベルトと二人きりにしてくれと、主人公のグレイすらも部屋から追い出すナイトハルト様。
……ディアナとの結婚はカモフラージュで、本当はアルベルト狙いだったんですか?
一周目やっている時には、単にSFC版の時よりナイトハルト様お優しくなっているなぁって感想しか抱かなかったのに(笑)
アルベルトにベタ甘なナイトハルト様と、殿下大好きっ子のアルベルト。殿とお小姓的な関係好き向きなカップリングってことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新記録

ほんの少しだけですが、天狗の八衢の攻略ページUP。
本当にちょっとだけなので、公開できるレベルじゃないんですけど(^^;

ロマサガの合間に、実験くんを進めて、その他の項目を漸次アップできるよう頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

羽団扇

天狗の八衢の実験くんも、中断期間が長引くとどこまで調べたか分からなくなりそう・・・っていうか既に半分危ういので、ちびちび再開してみたり。
カップリングについてはもうちょっと実験くん続けますが、とりあえず基本の部分だけ攻略ページ作っちゃうとか思ったのですけどね、アイコン等素材をどうしようかと。
羽団扇素材とかあれば良いのだけど、自分で作るの面倒くさい(爆)

全然別な動機から、ナーガについてちょっと見てみようと、手持ちの本「龍の起源/荒川紘著」をパラパラめくっていたら、三輪山の大蛇とかも出てきて、思わず読みふけったり。
神話関係読むのは好きなんですけどね、全然内容覚えていないんですよねー(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本

それでもあなたに恋をする】樹川 さとみ著/コバルト文庫
久々の樹川さんの新作。タイトル通り、とっても正統な少女小説で、乙女心がウズウズさせられました(笑)
アドルファには「墓穴王」の称号を差し上げましょう。

炎の蜃気楼メモリアル】桑原 水菜著/コバルト文庫
信長様はご登場なさらないので、わたし的には美味しいとは言えない、ひたすら直高ファンな人向けの1冊。でもそういう人はしっかり同人誌持ってそうですけどね(^^;
桑原さんが選ぶベストコンビを見ていて思ったこと。後半ラスボスの座を脅かされそうで冷や冷やしていた黒成田は、今振り返って見てみると、結構好きなキャラだったかも。もしラスボスの座取っていたら永遠に嫌いだったろうけどね(笑)

田紳有楽】藤枝 静男著/講談社文芸文庫 
うろんな骨董屋の庭先の池に沈められている、志野筒型グイ呑み・「柿の蔕(へた)」と呼ばれる抹茶茶碗・丹波の丼鉢が、それぞれ「私は」と語りはじめ、怪しげにうごめくお話。
どの焼き物も偽物であり、自分は真物ではないと自覚しており、そうしてそれぞれの思惑を胸に行動している様がユーモラスで楽しかったです。
私が習っているお茶の先生のところにも「柿の蔕」の写しがあり、使わせていただく時があるのですが、「このお茶碗が円盤状に動いたり、人間に化けたりするとこ見てみたいなぁ」などと、つい思ってしまいます(笑)
それはそうと、小説や漫画に出てくる「弥勒菩薩となるべき者」って、とても有りがたいお姿には描かれていないことが多いのはどうしてでしょう。希求するあまり、歪んだ愛情表現になってしまうってわけじゃないですよね(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルベルト編クリア

◇オールドキャッスル
とりあえず行ってみた。が、特段欲しいようなものは売っていなかった……
たんなる寄り道イベントになってしまったが(サルーインの場所は、既に最終試練で聞いているからね)、まあいいか。どーせ所持金1万金程度しかないから、欲しいのがあったところで買えないだろうし。

◇ラストダンジョン
他の敵は一切無視で、サルーインの下へ直行(笑)

最終メンバー
・アルベルト/HP504/大地の剣を持たせてあるが光の術をメインに使わせている。回復係として(^^;
・ナイトハルト/HP600/カヤキスの槍・ウコムの鉾・鬼面刀装備。使えるかどうかは別として、刀のビジュアルが笑えて好きだから。
・シフ/HP535/フランシスカ装備。姐さんは斧使いで育てました。
・クローディア/HP540/エリスの弓装備だが、メインは水の術で回復係。
・ラファエル/HP530/スキアヴォーナ・レフトハンドソード装備。……あっ!戦っている最中はレフトハンドソードの存在忘れてて、スキアヴォーナしか使わなかった(^^;

書き出して初めて知ったのだが、何でシフよりクローディアの方がHP高く育ったのだろう。

ダンジョン進むごとに、他の地上の動き・ドラマが展開されるのだが……
私のパーティーメンバーの中にいるナイトハルト様って一体何者なのでしょう(笑)
そういえば、今回のプレイでは全然お姉ちゃんの噂聞かなかったけど、本当はどこかで聞くことできたはずですよね?会うのは絶対無理だとしても。

サルーインとの戦いは、気長にこまめな回復で、なんとか勝てました。
一番やっかいな攻撃は、やはり「アニメート」ですね。状態異常回復でも戻せないし。

エンディングもなかなか感動でした。スタッフロールがかなり長かったけど(^^;
さて、今回はRPGの王道、正義の味方編を満喫したので、次は誰を主人公に、どんなルートで楽しもうかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロマサガ現況

◇伝説の竜騎士
攻略サイト巡って、陣のことが分かったような分からないような状態で再挑戦。
前衛アルベルト・中衛ラファエル・後衛ナイトハルト様で全員「かすみ二段」、他二人は防御をひたすら繰り返していたら無事龍陣出てくれました。条件満たしていても必ず出るわけじゃないから、運まかせ、このイベントでは根気が必要ってことなんですね。
終了後、ラファエルのことを、ハインリヒとコンスタンツは褒めてくれるかなと思ったのですが、まるきり無視でした。哀しい……

◇凍結湖の妖精
凍結湖の入り口にいた妖精さんから、お使いを頼まれたのでカクラム砂漠の伝説の湖へ。
流砂のところで微妙に画面酔いしてみたり……。ロマサガで画面酔いなんてかなり珍しい体験かも(笑)
伝説の湖遠いー。ようやくたどり着き、ついでにトパーズと大地の剣をゲット。
……トパーズもらう時にニーサの神のご託宣があるわけだが、初期にクリスタルシティでニーサの神に祈った時は何も答えてくれなかったのになぁって、アルベルトにしてみれば、肉親を失って打ちひしがれている時にこそ言葉をもらいたかっただろうにと、ちょっと切なく感じたり。

◇パパの日記
そういえばイスマス城に立ち寄るのを忘れていたということを、いまさら思い出したのでパパの日記を読みに行きました。

◇迷いの蝶
酒場の張り紙見て依頼引き受けるという、とっても基本的な冒険。某王子なんかはとても張り切りそうだ。

◇オールドキャッスルの話
最終試練の地の話は既に聞きだしているので、オールドキャッスルの話もと、ウコムやミルザ神殿で術を買いまくり、詩人から話を聞きだしました。
……無事オールドキャッスルをマップに出現させたのはいいけど、術買いすぎたので、巨人の里に行ったところで買い物する金残っていないよ。本末転倒(^^;

◇最終試練
まだまだ行ってない場所、イベントはあるのだが、最終試練にチャレンジしてみる。
最後のモンスター倒すまでLP持つかなとドキドキしていましたが、大丈夫でした。
一番戦いにくかったのがネコの姿の聖獣。武器での攻撃は受け付けない、のかな?やたらに防御率高くて、いつになったら戦いが終わるのかと、気が遠くなりそうでした。

いよいよ次はラストダンジョンに挑戦。頑張ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロマサガ現況

前回からの続き
◇ゴールドマイン鉱山襲撃
固定の10体のモンスター、スターライトアロー一発でケリ着いちゃうのから、ゴールドドラゴンまですっごく強さがバラバラ。HP200台でドラゴンが倒せるのかと危惧したが、何とかなるもんなんですね。
鉱山内で純金をいくつか採掘したので、ナイトハルト様の装備を金ぴかにしてあげようとウキウキしながら鍛冶屋に向かったのですが、どうも鍛冶屋はデメリットの方が高く感じられ、使いどころがわからず、鉱石類は全部売り払うことに決めました(^^;

◇トマエ火山のモンスター
お使いイベント。タイニーフェザーからの依頼のため、フレイムタイラントに会う。会った後は近道が使えるからこのダンジョン好き(笑)
で、またもやお使いで、アイスソード持ってくるように頼まれる。

◇アイスソード
アルツールでガラハドに会う。何しろ主人公がアルベルトですからね、悪人ポイントは貯めない方針で、ガラハドを一時的に仲間に入れることに。

◇火神防御輪
順当にアイスソードをフレイムタイラントに渡し、受け取った火神防御輪をタイニーフェザーに渡して今回のお使いイベントは終了。近道使えるトマエ火山と違って、スカーブ山は、また同じ道のりで頂上まで行かなきゃいけないから嫌い(^^;

◇ウコムの海底神殿
マリーンにたぶらかされて(爆)、海底まで連れて行かれる。
SFC版ではその所在が明らかにされなかった「闇のブラックダイア」を入手。

◇メルビル襲撃計画
メルビルに行ったら、海賊の歌が流れ出す。さっくりブッチャーを撃退したら、間髪入れずに神殿からモンスターが襲来してきて、皇帝の護衛。忙しいなぁ。
後で攻略サイト確認したら、エロール神殿すっとばしてエリザベス宮殿に直に行っていたこと判明。まあこだわりのイベントじゃないからいいや。

◇テオドール乱心
テオドールの私室でメモを見つけ出した際の、モンスターのとっても王道な悪役セリフが笑える。っていうか、見つけて欲しくないメモだったら部屋の真ん中に落としていくなよ……
偽テオドールが沢山いるとこで、とりあえずテキトーな場所のテオドールに話しかけたところ、モンスターと戦闘。これは正解にたどり着くまで戦闘続けなきゃいけないのかなぁとため息つきかけたところ、一緒に連れてきていたコンスタンツが無事パパを見つけ出してくれる。
レッドドラゴンもイフリートも強敵はあるけど、1体だけなので、徒党組む雑魚モンスターより戦いやすい。

◇伝説の竜騎士
騎士団領のイベント最後なのだが……
陣を発動させなきゃいけないのですね。そういや時々ナイトハルト様とラファエルの二人が何かの陣を組んでいるのは見たし、最初の時はナレーション入ったけど、そんなの読み流していたし、陣のシステムなんて全然頭に入っていなかったですよ。これから勉強して再チャレンジしなくては。
……既に最終試練へ行けるとこまで進めておきながら、戦い方をマスターしてないあたり、とことんヘタレゲーマーであります(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

つつじオフ

根津神社のつつじ祭りにあわせたオフ会に参加してきました。
まずは集合前に、せっかく谷中まで足を運んだんだからと、勝っちゃんのお墓参りをいたしました。亡くなってから10年以上も経ち、命日でもお誕生日でもない日に訪れたにも係わらず、花が沢山飾られていて、未だに勝っちゃんを愛している人達が多いんだなぁと、感慨深いものがありました。

そこからぷらぷらと歩き、大名時計博物館にて、くみさま、波多利郎さまと合流。こぢんまりとした博物館ですが、それなりに楽しかったです。ここでオタクトークしながら長居するのも何なので、一旦退散し、「乱歩゜」という喫茶店で、他の方々と合流するまでの間、1時間程おしゃべりを。ここの店内の飾りつけのコンセプトは猫とジャズらしいですが、ごちゃごちゃと怪しげなものがあって、見ていて楽しかったですよ。

その後無事他の方達と合流し、一応根津神社も散策し、飲み会会場へ。
ギリシャ&トルコ料理の「ZAKURO」というお店です。
曜日によってベリーダンスを披露してくれるようですが、この日は無しで残念でした。
初体験の水タバコは、ワインの香りのものということで、全然煙草という感じではなく、甘やかな香り&味の煙でした。
妙にハイテンションな店員とか、コスプレさせられたりとか、珍しい体験の出来るお店です(笑)

場所を替え、1時間半程カラオケ歌って解散。
久々の東京でしたが、「都会らしさ」ではなく、「下町らしさ」を楽しんだオフでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

武てい式

上杉まつりの武禘式を、姉が見たことないと言うので今回一緒に行ってきました。

人垣の頭の上から撮った、祈祷する謙信公。
密偵役(雑用係)が、忍者でなく法師というのがちょっと萌え(笑)

下の写真は五沾水の儀。手前の武将が柿崎景家なのだが、背中の幟がまるきり見えない(^^;


明日のパレードには、姪が鼓笛隊で参加するので、そこの部分だけ見に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三度目の正直

やっと、「騎士団の誇りにかけて」が出たー。
バルハラントのフィールドでは極力雑魚戦を避けるようにし、南の洞窟へ行く途中の、宝箱あるわき道も無視して頑張りましたよ。
これで先へ進めるわ。
その後、ナイトハルト様と再会。ニンフ像イベント終了。スカーブ山でタイニーフェザーの羽を拾う。これが、ナイトハルト様のお話の「頂上へたどり着いたときにはくたくた」ってのを身をもって実感(^^; どこまで続くかわからないダンジョンで、クライミングやら宝箱サーチやらカギ解除まで、マップアビリティ使用回数どんどん消費し、これで頂上まで持つのかしらとはらはらでした。頂上着いた時には使用回数きっかり0だったので、もしイベント終了後自力でふもとまで行けとか言われたら帰れないとこでした。ドキドキ。
騎士団領に戻って、「コンスタンツ救出」を順調にこなし、またローザリアに行って「アクアマリン」を終了したら、ナイトハルト様が冒険に連れて行ってくれなどとおっしゃる!
今回はナイトハルト様もバーティーメンバーに加えられるんですねー。素直にうれしいですよ。武器防具も最優先で揃えさせていただきますよ(笑)
さて、これからは「お使い連鎖」が待っているんですね。頑張ろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »