« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

読了本

王子さまLv2 THE COMIC】アリスブルー原作・藤村 あゆみ作画/エンターブレイン

アンソロジーなのかなと思っていたら違うのですね。
安心して手にとることできる同人誌って感じ?
そこはかとなく郷愁ただよう空気感で、嫌いではないけど、インパクトには欠けるかなぁ。

マリア様がみてる 4】長沢 智著・今野 緒雪原作/集英社

収録されているのは「長き夜の」と「ロサ・カニーナ」。
表紙の志摩子さんの絵は、とっても伝統的な少女マンガっぽいなぁとか眺めてみたり。大昔別マとかを読んでいた時代なら、好きな部類に入る絵だったかも。……表紙絵のみですが(^^;


紫の館の幻惑】倉阪 鬼一郎著/講談社

ミーコ姫も活躍しているというので読んでみました。
お気楽に読めるお笑い系ミステリー。サービス満点なバカ系設定がステキ。
かなりの数の人死があるにもかかわらず、凄惨な印象は残りませんでした。が、ぐろなシーンが皆無なわけではないので、お嫌いな方はちょっと注意が必要。
nanja2
数年前撮影したミーコ姫を発掘したので貼ってみる。場所は多分ナンジャタウンだと思う。

「本能寺」の真相】姉小路 祐著/講談社

光秀すごい人説なわけだが……なんというか、わざわざミステリー小説らしき体裁を取る必要あるのだろうか。
小説として成立しているのか疑問なくらい、とってつけたようなツギハギ文章で、真相部分は強引なこじつけ+新鮮味ない説で、つまらなかった……


出ているのを知らなかった高瀬さんの新刊
ファイアーエムブレム聖魔の光石 上】高瀬 美恵著/スクウェア・エニックス
ファイアーエムブレム聖魔の光石 下】高瀬 美恵著/スクウェア・エニックス
FEかぁ。複数ユニットに目を配らなくてはいけないシミュレーションゲームは苦手なので(苦手なものばかりで得意なゲームなんてないのだろうと言われそうだが(^^;)、手を出さないようにしていたゲームなのですが、とりあえずこれから読んでみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

引きこもり

今年のお盆に、卒業以来初めて中学校の同級会をするらしく、各クラス男女1名づつの実行委員になってくれとの連絡がきた。まあ暇だし、と引き受けたのはいいのですが、同じクラスだった人の現況なんてさっぱり分からない。こんなに世間の動向を把握していない私が引き受けるのは、やっぱり間違っていたのかも……

男性陣は容赦がなく、「××は今何してる?」「家にいるけど引きこもり」とかって会話がひんぱんに飛び交う。この場にいなければ、私も「あいつは引きこもりだから」とか言われているかもー(^^;
本当に、地元からは一歩も動いていないのに、同級生との交流は全くない(かろうじて年賀状のやり取りしているのが若干名……)のって、かなりダメですよね。いや別にいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイシャ編第1章

3周目は主人公アイシャです。
彼女の一人称(というか小学生の作文(^^;)で、乙女ゲー風味を加えたゲーム日記を書いていきたいと思います。
少し話が前後したり、妄想創作が入ったりすると思いますのでご承知下さい。


続きを読む "アイシャ編第1章"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ひよこやCD購入

異界繁盛記 ひよこや商店 ドラマCD」が本日密林より届きました。ゲーム等と違って、ちゃんと発売日に届くんですね>密林

主人公の陸の声が、思っていた程かわいい声じゃなかったのが、ちょっとアレですが……
一番違和感なかったのは、どことなくうさんくさいキャラの椎@石田彰さんでした。
番頭の澪は、やっぱり私にはカナン王子に聞こえてしまいます。壱也兄は、別にセレストとか思わないですけどね。ましてや「みゅ」と鳴く双葉を聞いて、壱哉さまとは全然思いませんし(笑)

あ、でも壱也兄の「からみタコ」とかって、きっと見た目は大根剣士くらい情けなさそうですけどね……
(アリスブルーネタ分からない人には全然意味不明だって(^^;)

今回出番なしの為、ジャケット絵に入れてもらえなかった三男は、ちゃっかりブックレットに出演しています。
是非彼が今以上にグレないように(笑)、第二段も出てくれるといいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

かなり間違っている

ロマサガ3周目は主人公をホークにするかバーバラにするか悩み中。
騎士団領は通らない予定なので、アイシャでも良いのかなぁ。(次騎士団領イベント制覇する時は、竜騎士仲間にしてみたいので、ナイトハルト様とお近づきになるのは避けたい)

ナイトハルト様のイメージは、間違った方向に行ってしまっている今日この頃。
暴走気味な落書きを描いてみたり。

続きを読む "かなり間違っている"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あやめ茶会

本日はあやめ公園で茶会でした。
花はまだ2分咲きくらいかなぁ。来週くらいには見頃になるんじゃないでしょうか。

市民の憩いの場であるつつじ公園の賑わいと違って、あやめ公園の方は市民は殆ど来ず観光客相手なので、お茶席に入る人数も全然少ないです。お手伝いの人数も少ないから、混む時はそれなりに忙しいですけどね。
受付に座っていると、写真を撮っていくおじさんは結構いるけど、茶券は買ってくれない……別に自分の儲けになるわけじゃないからいいんだけどー。

始まる前、時間があったのでめずらしくお道具も写真に収めてきました。フツーはバタバタしていてそんな暇ないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

息抜きゲーム

最近ゲームの合間の気分転換にやっているのが、ほいっぷハニーです。(←ゲームの息抜きがまたゲームなあたりが……)
いまだにズルモードでないとクリアできませんけどね。
今日になって、ほいっぷハニーより、子分たたきを頑張った方が良いんじゃないかと気がついて(今頃…)、パソを変えてからインストールしていなかった王レベ1.5を入れようとしたのですが、ソフトが見つからない~。
本と違って、ソフトはそんなにアチコチに置き散らかしたりはしないはずなんだけどなぁ(^^;
このまま見つからないようなら、買い直しでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シナリオコンプリート

天狗の八衢で、CGコンプリートの他にシナリオコンプリートもあるというので、公式サイトの最終攻略ヒントを見ながら一生懸命頑張ったけど、どーしても出ない。
ヒント爺に指摘された箇所は【三】。最終攻略ヒントに指定された状態に至る過程で考えられることを色々試してみても一向に埋まらないので、ものすごーーーく悩みました。
が、ふと思いついて、最終攻略ヒントとは別なことをやったら出ました。
……単にメインとサブの組み合わせで選んでいないパターンが1つあっただけでした(^^;
爺、もっと具体的にヒント下さいまし。まあ、最終ヒントに惑わされた私が悪いのですが。
コンプのおまけは、それぞれのキャラ特性が出ていて楽しかったですよ(^^)

実験くんの過程で、物語力はちゃんと毎回クリア、もちろん2周目以降なのに7章でゲームオーバーになる現象が起きたので、原因究明すべく、まだまだ実験くんは続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本

【風神秘抄】荻原 規子著/徳間書店 bk1

平安末期、平治の乱で負けて落ち行く源氏勢の中にいた主人公が、その特異なる笛の才ゆえに降りかかる数奇な運命を潜り抜け、かけがえのない少女との恋を追い求める。
勾玉シリーズ系列の和風ファンタジー。でもシリーズからは独立したお話。
やっぱり今年は鎌倉よねってくらい、タイミング良い時代のお話でした。

もどかしいくらい世間知らずで不器用な生き方している少年をはらはらしながら見守りつつ、でも徹底的に”特別な存在”であるファンタジー展開にちょっとぬるま湯な気分を味わいつつ(^^; 楽しんで読み終えました。

地元の書店では新刊コーナーになかったので、入荷してないのかなぁと思ったら、児童書コーナーにありました。実際分類的には児童書ですけどね、でも幼児向遊び場付きの、小学生以下を対象にしたコーナーに置いていたんじゃ手に取る人がものすごく少なくてもったいないですよ。せめてライトノベルコーナーにも置いてくれたら中高生が見てくれるだろうに。


【遥かなる時空の中で 10巻】水野 十子著/花とゆめCOMICS bk1

……もしかして、私9巻買い忘れているかもしれない。前段の展開がわからない(^^;
なんというかね、八葉がみんな神子にラブラブになるのは嫌だなぁと思う。
そりゃゲームでは八股かけるのに燃えるのだけど、それをマンガでやってしまってはダメですよね。せめて友雅は藤姫ちゃんとくっつけてあげて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グレイ編クリア

二周目はグレイです。
鬼のように長いプレイ日記なので、お暇がある方だけどうぞ(^^;

続きを読む "グレイ編クリア"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるばむ

写真をアップするためのブログを作ってみました。
http://blog.yukarif.whitesnow.jp/
どれだけ有効に使えるかは分かりませんが……主に花の写真になると思います。

本日は上杉博物館の特別展「上杉謙信」の、後期展示物を見に行ってきました。前期も、行っていますが、後期では信長様のお手紙が出るというので。
「息子を養子にやるので仲良くしてね(実現はしなかった)」というのと、「鷹をもらってすげーうれしー」という2つでした。
前期でも飾られていた、信長様から贈られたらしい甲冑の説明に、織田家の紋入りとなっているので、紋はどこだろうと、展示ケースの周りをぐるぐる回って観察し、ようやく見つけたのが、肩の部分の小さい飾り鋲みたいなもの(八双鋲というらしい)が織田木瓜になっているようでした。その後係りのお姉さんに聞いた話だと、手の甲の部分の紋も、というのですが、信長様は花菱紋も用いられていたのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

更新記録

ゲーム部屋トップ絵を、アルベルト気取り王子に更新。
ローザリア王国の儀礼的あいさつらしい謎ポーズ。ちっちゃ王子なので手の形が両手ともグーになってしまってますが(笑)、本来は左手は伸ばしています。

カナンとアルベルトは、結構共通点あるかもですね。家族がらみで過酷な状況を経験したり、古に封印されたものと戦ったり、いいとこのお坊っちゃんだったり、髪の毛金色だったり。
まあアルベルトは従者を困らせるようなご無体はしなかったでしょうけどね。ご無体なのは姉のディアナの方だし(^^;

ロマサガ二周目はまだ終わっていません(^^; クリアしたらゲーム日記のダイジェストをこちらに載せようと思うのですが、どうなるだろう。

それから、掲示板へのリンクは外しました。掲示板自体は、当分削除せず置いておきますが、御用のある方はメールまたはこのブログへのコメントでお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »