« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

読了本

【剣散華 前編】瀬川貴次著/コバルト文庫 bk1

このシリーズも次の後編で完結のようです。
今回は、男前な賀茂の斎院・馨にほれぼれです。それに対して兄の今生帝は、お笑い要員キャラ以外の何者でもなくっているし……
夏樹の挿絵、憂いを含んだような表情が妙に色っぽくて見とれてしまった。夏樹なんだけど夏樹じゃないって、今の状況が悲しいので、早く決着がついて欲しいです。


【風雲縛魔伝 6】桑原水菜著/コバルト文庫 bk1

復活のシリーズ。ここまではコバルト本誌で読んでいるので、この続きが早く出て欲しいです。


来月のコバルト文庫発売予定には、樹川さんの「エネアドの3つの枝」第二段がラインナップされているので楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本

【シナン 上・下】夢枕 獏著/中央公論新社 bk1

16世紀のオスマントルコ帝国が舞台。元々はキリスト教徒だった主人公シナンが、デウシルメという徴用制度によってイスラム教に改宗させられ、後に巨大なジャーミー(モスク)を始め、数々の建築物を手がける偉大な建築家となる姿を描く歴史モノ。

私にはオスマントルコの知識が全くなかったのですが、それでも(だからこそ?)当時の歴史状況を興味深く読むことが出来、それぞれの登場人物の生き様が切々と伝わってきて楽しく読了できました。スレイマンとシナンの最後の会話などは、涙がほろほろと出てきました。

神を捕らえるための装置としての建築物というのも、想像するとワクワクしますよね。(ファンタジー好きだから…)
作者が、モスクの実物を見て得た感動が、作品全体を通じて伝わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イーニドったら……

ブログペットのこうさぎは、時々川柳を詠みます。
今まで書かれたブログ内のことばから、適当に5・7・5を選ぶようなのですが、今日の句が…

「敵役 封印すれば 鎖なり」

……間違いはないんだけど、ちゃんと意味も通っているけど、どうしてそんな言葉選ぶかなぁ(^^;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ゆかたの集い

今年も恒例のゆかたの集いがありました。
写真は「きまぐれあるばむ」の方にアップしています。

ゆかたと言えども、きっちり補正をするので暑いです。
特に今日は暑い日だったし。化粧などする意味ないくらい汗をかきました。
現在私は、フェリッシモで取り扱っているVINYASA 美容粉 チベットサフランベージュを使用しているのですが、化粧しながら鏡を見たら、サフラン色の汗が流れておりました(^^;
汗かく時期はこれ使えません……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスボス好き

とりあえずアイシャ編はさっくり終わらせました。ディスティニーストーンも捧げず、ミニオンズも無視して最弱サルーインで(笑)

唐突ですが、私はラスボスが好きです。
炎の蜃気楼のSEEVA信長様とか、幻想水滸伝2のルカ様とか、圧倒的な存在感を持ち、自分の信念に沿って行動している姿に惹かれるわけです。間違っても改心して主人公の味方になんかなったりしない、全っき敵役という孤高ぶりが良いのです。

ロマサガのラスボスであるサルーインはというと、そのタイプのキャラではありません。遙かなる時空の中でのアクラム系のヘタレキャラですね。プライドだけ高くて、現在の状況に納得していないっていう。
まあこれはこれでいじめて可愛がってあげたくなるタイプなわけですが。乙女的には「私の愛の力でその凝り固まった心を融かしてあげる」って感じでしょうか……

サルーインの姿について。裸ネクタイというなんともアレな格好をしているのですが、ネット内を徘徊していたら、「あれはネクタイじゃなくて首輪なんだ」という意見をみかけて、うっかり萌えたり(爆)
封印といったらやっぱり霊力込めた首輪と鎖でしょうか。おまけに手枷とかもつけてくれたら、鬼畜エロール神と褒め称えてしまうかも(え?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと少し

ちびちびと進めているロマサガMS3周目アイシャ編。
今回のダークはアサシンルートで進める予定でおりました。(煉獄ルートだと、恋愛シミュ的に不都合なことあるし…)
で、途中まで来たところ、器用のスキルがまだ50いかない内に、知力が40超えたので、折角だからセーブデータとっといて、先に煉獄見ようかなぁと思ったのですが……相変わらずロクな技閃いていない、弱々なうちのパーティーでは、ブレイズスレイブに勝てませんでした(^^;
大分粘っても、HP半分くらい削ったかなというくらいで、武器のEP使い果たすはLPもカツカツだわで、ギブアップ。こんなことなら、おつかいイベントなんて無視して、フレイムタイラントの内に倒しておけばよかったですよ。
今回は三地点制覇もする気なかったから、詩人の話もオールドキャッスルと最終試練しか聞いていないしねー。
どうも育成方針が固まらないまま終盤まできてしまった使えないパーティです。アルベルトに般若の面がラブリーな鬼面刀とか、ぴかぴか具合がいい感じの金のロッドとか持たせて楽しんでいる場合じゃなかったですよ。(←まともな戦力として育てる気なかったらしい)

煉獄はあきらめて、当初の予定通りアサシン覚醒ダークを仲間にしたので、あとは最終試練をサクサク終わして、サルーインに会いに行こうっと。
これが終わったら、4周目はホークでオヤジ&人外パーティを組みたくてウズウズしている私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本

【桔梗の旋風】南條範夫著/文藝春秋

隣町の図書館から借りてまいりました。
明智光秀の青年期から最期までを描いた作品ですね。
26年前に書かれたものということもあり、昨今の流行りのような本能寺の真犯人説などもなく、旧来の光秀単独怨恨となっております。
無難にまとまってはいるのですが……蘭丸は悪役として配置されていますので、蘭ちゃんファンは覚悟して読まれた方がよろしいかと(^^;
蘭ちゃんラブラブな殿が微笑ましい場面も、あるにはあるんですけどね。


上記の本とは関係ないけど、信長様モドキが出てくるゲームで妙なのがありました。
Twelve~戦国封神伝~
信長様モドキは、敵キャラの魔王 尾張・マサナガ。……かなり微妙なキャラデザです。この可愛らしい系の絵柄だったら年齢設定20代にして、ひげもなくした方が、素直に美形キャラとして受け入れられるのでは。
むやみに女性化されたキャラも多いのも何だかなぁ。クロウはともかく、サルや政宗まで(^^;
でもcv置鮎さんのキャラがちょっと気になったり(笑)
PSPソフトだから買う予定まるで無しですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップ絵更新

ゲーム部屋のトップ絵を、グレイ気取りカナン王子に差し替え。
古刀から鬼神刀まで育て上げるのは大変だったのですよ。鍛冶屋は、この古刀イベントでしか利用していないので、途中まで、EP尽きた時は同じ素材で補強し直せば良いということに気がつかずに行き詰っていたし……
無事グラフィックが変更なった時は浮かれまくりましたよ(笑)

そういえば、某OHPでルーシャス様の絵を久しぶりに見ることできてうれしかったですよ。
(↑こっちは王レベの話。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょっと知りたい

【暦】
ロマサガのキャラクターには誕生日の設定があります。
SFC版の時からちゃんとある設定ではあるのですが、昔はそんな所まで興味なかったから気がついていなかったり……
使われているのは独自暦なので、グレゴリオ暦ではいつに相当するのか、それが知りたいのである。

1年は18ヶ月で365日。
月の名前を書き出してみると

水竜月・飛竜月・火竜月・晴竜月
蘭狼月・気狼月・海狼月・天狼月・土狼月・魔狼月
風虎月・天虎月・地虎月・幻虎月・帝虎月
光鳳月・登鳳月・魔鳳月

法則性が分かりません……

世の中で18ヶ月の暦を調べると、マヤ(ハアブ)暦とアステカ暦というのがあるらしいので、この辺を参照に推察できないかと思ったのだが、全然無理(^^;

ちゃんと18個分の名前出しているってことは、スタッフ内では月の順番とかも設定していると思われるので、公開して欲しいなぁ。ついでにグレゴリオ暦相当日も。
そんなことを知ってどうするのかと言えば、乙女ゲーには付きものの相性占いをするのである(笑)
不毛なのは承知の上ですよ。誕生日による初期相性値・親密度とか勝手に妄想して楽しみたいのよっ。

【妖精さん】
もう一つ知りたいネタ。
コバルト8月号掲載の「マリア様がみてる 温室の妖精」で、温室に集う子達の愛称が、"メイ"・"シー"・"フェ"。
"シー"と"フェ"はそのまま妖精を指す語だけど、じゃあ"メイ"は?
名前が皐月だからって、それだけじゃないですよね?
私のとぼしい知識では、メイ・デーは妖精の活動が活発になるので目撃しやすい日、ってことくらいしか"メイ"と妖精を結びつけられないのですが。でも直接的な"シー"と"フェ"から比べるとバランス取れないかなぁって。
メイって名の妖精とかっていましたっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ミュージックバトン

瑠璃子さまからバトン頂きました。
実は、ななさまからのも拝見していたのですが、どうしようか考えている内に時が過ぎてしまいました。すみません(^^;
私にとっての音楽は10年前で止まったまま(1994~1995年は魔の2年間でしたよ…)ですので、古いものばかりです。

>>パソコン内の音楽ファイル容量(Total volume of music files on my computer)

パソ内に取り込んではいないので「0」のはず。

>>今聞いている曲(Song playing right now)

なしです。

>>最後に買ったCD(The last CD I bought)

音楽限定だと石井竜也の「nipops」

>>よく聞く、または特別な思い入れのある5曲 (Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me)

1アーティスト1曲ということで。

◇中川勝彦/「聖者の群れ」
 重い歌では有りますが、聴く度胸をしめつけられるような感じがして印象深い1曲。

◇UP-BEAT/「HOLY SNOW」
 上と似たような傾向の曲かも(^^;
 コンサートで聴くなら「KISS…いきなり天国」とか「TIME BOMB」とか好き。

◇TM NETWORK/「GIRL」
 恋に恋するって感じのファンタジックな雰囲気が、乙女ゲーの世界と通じるものがあると思うのですが、いかがでしょう(笑)

◇光GENJI/「いつか きっと…」
 私にしては珍しく数度映画館に足を運んで見た映画の主題歌だし…
 「クリスタル・ユニヴァース」も捨てがたいのですが。(晃王子だから)

以上、魔の2年間にいなくなった人達でした(爆)
あと1つ、絞りきれないのでこれで終了。

バトンを渡すのは、大概回っているかと思うのでストップさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「姑獲鳥の夏」

本日見てまいりました。
県内では山形市の1館しか上映しない上に、12時からと19時からの2回だけ……
夜中にトンネルに付き物の話がある山道を帰るのは嫌なので、12時の回に行ってきましたよ。
初日とあって、パイプイスまで用意される満員ぶり。早めに着いて席確保していて良かったですよ。……ちっちゃい劇場だから収容人員少ないという事情もあるが(^^;

映画の内容は……
榎木津が常識人でした……
せっかく阿部寛なんだから、怪演で神っぷりを見せてくれるかなと期待していたのにー。顔については、誰が演じても絶対理想のビスクドールにはならないだろうから問わないんですけど、傍若無人な神っぷりは見せて欲しかったなぁ。
まあ、この映画は原田知世ちゃんの可愛らしさを愛でる作品ということで(^^;

そういえば、エンドロールの最後まで、誰も席を立たなかったのはめずらしいなぁと思って帰ってきました。私は滅多に映画館には足を運ばないので通常どうなのか分からないのですが、ロードオブザリングとかはエンドロール始まった途端ぞくぞくと帰っていく人多かったので。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

楽しみー

ロマンシングサガ ミンストレルソングのノベライズを書かれるのが、妹尾ゆふ子さんだというのをご本人の日記で見て、いまから楽しみです。
どの辺が中心のお話しになるのかなぁ。妹尾さんの作品の傾向からすれば、クローディアあたりがイメージしやすいけど、どうだろう。全然別な視点を持ってくるかな。
ともあれマルディアスの世界の空気を感じられるような作品を期待して待っていようっと(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぅ…

やっぱりヘタレゲーマーなわたくし(^^;
「皇帝の奇病」が出るようになったので、早速二つの月の神殿に向かったのですが、神殿入り口でのワイル戦だけで、ダークのLPが4にまで減っている……
HP134のアイシャちゃんのLPは殆ど減っていないのに、HP235のダークがガンガン戦闘不能になるというのもまたアレですよ。一応中衛に置いているんだけどねー。ワイルだから、ことさらダークをいじめたがるとかあるのかしら(^^;
まだパーティーメンバーをどういう方向性で育てるか迷い中で、全員ロクな技閃いていないとか、イベント進行度あげないように出来るだけ戦いを避けてきているとかあるにはしても、パーティー全体が弱すぎです。このままじゃ神殿内で戦っている内に、ダンジョンボスのところへたどり着く前にダークのLPが尽きてしまいますよ。
しょうがないから出直して、ちょっと鍛えなくては。低レベルでクリアとかは私には絶対無理です。しくしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイシャ編途中経過

ゲーム日記の続きは……日記としては無駄に長すぎ、読み物としては成っていないので挫折(爆)
サクサクとクリアした後で部分的にSS書……ければいいなぁ(^^;
とりあえず途中まで書いた日記から抜粋。

*****
街外れまで来たら、突然ダークさんが過去のことをちょっと思い出したらしく、ぽつりと語ってくれた。どうやら過酷な子供時代を過ごしたみたい。だからこんな風になっちゃったんだね。かわいそう。
辛い過去なんか忘れてしまうように励ましてあげよう。
*****
ダークさんは、少しずつ記憶を取り戻してきている。今日は、想い人のことを話してくれた。すごく大切に想っていたみたい。
……全てを思い出したら、その人の所へ戻っていくのかなぁ。そんな事を思ったら、少しだけ胸がチクンとした。
*****

ダークとの親密度2段階アップ。
果たしてこのまま順調に親密度上げていけるのか。それともお約束的展開でラスボスとの恋に無理やり発展させるのか、可愛らしくアルベルトとの友情EDに持ち込むのか、現時点ではどう転ぶか分かりません。
……攻略キャラの選択が一般的じゃないという自覚は、一応あります(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小暑

本日より、暑中見舞いを出すことが出来ますね。
……今現在家の中は、階下の茶の間にいると"涼しい"通り越して"寒い"ので、とても暑中見舞い書く気分になりませんが(^^;

そういえば今日は信長様がご出演なさるサクラ大戦5の発売日なのですね。
私は、ソフトの値段が下がった頃にひっそりと手に入れようかな。
それまでは、某方とか某方とかのプレイ記でも拝見して楽しもうと思います(笑)

あなたがつぶやく最期の言葉
「お前らみんな死んでしまえ!」
……これだけだと、何だそれとか思ってしまいますが、性格判断は結構思い当たるかも。

>従順であると思うと反抗的、現実的な反面、夢想家だったりと、あなたの心の中には相反する価値観が同居しているようです。

この辺はAB型の性格が出ているのかなって感じ。血液型は入力していないのに(笑)
そうして、件の最期の言葉は、

>酒が廻っていた事も手伝い、売り言葉に買い言葉。

だそうです。酒の飲みすぎには気をつけなくちゃー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

読了本

「桔梗の旗風」は地元図書館には有りませんでした……
しょうがないので、替わりに借りてきた本。

【戦国幻野 -新・今川記-】皆川博子著/講談社

副題にあるとおり、今川義元をはじめとした血族(正史には出てこない人含む)を中心に描かれた、駿河周辺の歴史ファンタジー。
今川義元といえば、どうしても”蹴鞠に夢中な白塗りお歯黒顔デカおっさん”というイメージがあるのですが、本作ではそんなことはなく、聡明な少年時代から、しっかりとした戦国大名ぶりまで描かれています。

前半の虚実入り混じったのびやかな展開は、その柔らかで品のある文章にうっとりとしながら読み進めること出来たのですが、後半は大分パタパタと話が畳まれて、状況描写の方が多い感があるので、もうちょっとじっくりと描かれたのを読んでみたいなぁと思いました。
山本道鬼って……山本勘介ですよね? 前半のキャラ造形から、彼にたどり着くとは想像しえないです。すごいなぁ。


家守綺譚】梨木 香歩著/新潮社

異界との境が薄い世界のお話は、大好きです。
湖で行方不明になった親友が掛け軸を通って出てきたり、サルスベリに懸想されたり、河童や小鬼の存在が当然に扱われたりというのは、楽しいですよね。
ただ、時代設定的には多分明治なのだろうけど、文章がクリアすぎて、現代のお話っぽい印象があるので、わたしとしては、もう少し幻想的な方が好みかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

アイシャ編悩み中

今後のパーティー編成をどうしようか悩み中。今回は恋愛シミュレーションゲーム風味なので、攻略キャラを選ばなくてはいけないのですが……うちのアイシャちゃんはオヤジ年上好きって設定にしちゃった方が楽かしら。ナイトハルト様が初恋で、あとはホークとかテオドールとかサルーインとか……
本当は、年齢的に釣り合いとれるのは、アルベルトとかジャミルなんでしょうけどね。アルベルトはライバルキャラだし(^^;、ジャミルは……ジャミルファンの方ご覧になっていたら申し訳ない。彼はサルっぽい動きするので、どーも愛情を注ぎにくいのですよ。ずっと使い続けると愛着持てるようになるのかなぁ。

お姉さまキャラも一人必要よね。ってことで、女性キャラが薔薇さまだったらどのファミリーかなと考えてみました。(考える方向がどんどん本来のロマサガから外れていきます)
クローディアは、訳有り率高くて孤高感のある白薔薇さまって感じでしょうか。
紅薔薇さまには、ディアナがピッタリきますよね。
バーバラは、どこに所属しても大丈夫そうだけど、元薔薇さまって位置かな。お姉さまのお姉さまですね。
ミリアムとファラは妹候補仲間ですよね。
黄薔薇さまは、誰になるのかなぁ。シルバーは、私まだ未見のキャラなのでわからないし(^^;
シフ姐さんは……山百合会メンバーにはちょっと無理がありそう(爆)

そんな訳わかんないことで悩んでいる暇あったらゲーム先に進めた方が良いと思います……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »