« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

乙女

会社の役員登記依頼があったので、「変更あった役員の名前をFAXして下さい」と言ったら、「FAXでは情報漏えいの危険があるので直接持参します」との返答が。随分と慎重なことで……
総会前の変更案ならともかく、既に選任された取締役・監査役の名前だったら登記簿に載るから、一般に公開される情報で、機密性ないと思うんですけどねー。

ロマサガのアイシャ編は乙女ゲー風味で考えよう企画の一環で、ロマサガキャラをアルバレアの乙女の世界に配してみました。両方の世界を分かる人がいるのか分からないですが……
なんというか、自分でもどうしてそんなにテオドールが好きなのか分からない程お気にいりのキャラになっているようです。
アイシャ編のこと2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラ大戦終了

ようやくEDまでたどり着きました。
あのラストは微妙かなぁ。まあ、新次郎の頭をなでる信長様にはちょこっと萌えたからそれで良しとしよう。
殿の巻き舌な「天魔招来」は微笑ましかったです。

それはそうと、幸若舞の敦盛、私は「人生50年」と記憶しておりました。なので、ゲーム中で「人間50年」となっているのは何でだろう、人外だから?とか思っていました……(^^;
ものによっては「人生」と表記しているのもあるけど、正しいのは「人間」の方のようですねー。

信長様のことしか言わないのも何なので(まあ私に真っ当視点での感想を期待している人などいないだろうけど)、最終的なデータとか。
新次郎の称号はビックタイガー。
最終パートナーはジェミニ。とりあえずメインヒロインだしね。
好感度の順はジェミニ>ダイアナ>サジータ>昴>リカリッタ。リカはね、どうも体力弱くて戦線離脱しがちだったし(^^;
杏里ちゃんとは最後にミニデートができてよかったです。(←どうやら一番お気に入りの子は杏里ちゃんだったらしい)

リロードしまくり体質が身についている乙女ゲーマーなので、アドベンチャーパートで、好感度下がるチャイムが鳴ると悔しくてついリセットしてしまいます。だから無駄に時間がかかるのですよ。全部が全部リロードしたわけじゃないですけどね。
そんなわけで、クイックセーブ(中断データ)でいちいちタイトル画面に戻っちゃう仕様はなんとかしてほしかったです。システムの名称が"中断データ"だから、タイトルに戻るのは当然ではあるんですけどねー。

さて、これでロマサガに戻れるぞー。
うるるんクエストはその後。今更ながらランス6を購入しましたが、これは別に急いでやる必要はなのでゆるゆる始めようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

殿ご登場

サクラ大戦もようやく第7話まできました。
待ちわびていただけに、シルエットが出ただけで、きゃーきゃー言ってますが、でも初っ端「人"間"50年」って……笑わせるのが目的ですか?

現在は蘭ちゃんが逝くとこまでやりましたが、わたくし的にはここで新次郎死亡フラグでバッドEDでも構わないですよ。(酷っ)
甦り系のだと、「此度こそっ!」という、けなげで悲痛な蘭ちゃんが見られて良いですよね。
さて、もうちょっと頑張ろうっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本

信長燃ゆ 上・下】安部龍太郎 著/日本経済新聞社

特に前半の信長様はかなり好みです。
様々な相反するものを抱えながらも理想に向かってひた走る、孤高の殿。素戔嗚尊を引き合いに出されたりしたら、そりゃもう好みのツボを押されまくりですよ。
光秀が殿を裏切る決心をする動機付けがちょっと弱いけれども、その辺の心の揺らぎぶりはヘタレ攻っぽ…人間臭さが出ていて、これはこれで良いかなと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌

ASUKAの付録は、まるマのモノがずっと続いています。先月のうちわは自室で使う分には実用品で重宝したけど、今月のはCDケース。……利用法が見出せません。

ひよこやの神楽院。普段ボーっとしてそうなキャラは、巣田作品には欠かせないって感じなので、これからレギュラー化して活躍(?)して欲しいです。

闇の末裔が別冊付録で掲載されたので花とゆめ18号を買ってしまいました。
絵が、変わりすぎですよね……別にいいんだけどさ。織也には思い入れないから立ち読みでも良かったな……

サクラ大戦はやっと4話終わったとこです。
相変わらず敵にロックオンできる位置まで移動がスムーズに出来なくて無駄な動きしまくり。
夢殿戦、1回で終わらせられなくて、再戦になるあたり、やっぱりヘタレゲーマーです。しくしく。サジータを戦闘不能にしちゃったので、ラチェットに怒られちゃったし。

髑髏坊が金塊奪っているのを見て、「これは聖安土城(←こんな名前付いているのか知らないけど)の材料とするのね!がんばって金ピカの見事な要塞造るのよ!」って応援してみたり。ああ早く殿にお会いしたいー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本

【京極噺六儀(だいほん)集】京極夏彦著/ぴあ bk1

狂言、一度くらいは見てみたいかもなぁと思う。
講談の巷説百物語が……キャラの名前を使った別物の話ではあるのですが…「も、百介さん?」って思わず戸惑ってしまうほど原作とはかけ離れた性格付けでございました。


【賢者はベンチで思索する】近藤史恵著/文芸春秋 bk1

じじぃ萌え出来る、かも。
なかなかいい味出したキャラクターでした。結局何をしたかった人なのか分からなかったけれども(^^;


【妖怪大談義】京極夏彦著/角川書店 bk1

対談集なんて買うつもりなかったのに、本屋に行くたび目が合っちゃうので買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落雷の被害

本日の夕方、随分雷が激しかったので、パソには向かわず大人しく読書をしていたのですが、おさまったようなのでゲームでもやろうかなと思ったら、ディスプレイの電源が入りません……
幸い一体型ではないので、旧パソのディスプレイに繋げば急場をしのげるのですが。んでも不便なので、早々に修理に出さなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

覇王の剣

サクラ大戦はまだやっと2話終了したところです。
「覇王の剣」って名前だけでうっとり出来るわたくし。
でも、その覇王の剣って、両刃の、分類的には両手大剣にでもなるのかな、エクスカリバーとか言われて思い浮かべるような形なのです。
南蛮渡来モノ好きな殿なれば、西洋剣を携えられてもちっとも違和感ないのですが……
2話で出てくるのが美術館のニッポン展で、「日本刀」と呼ばれたり、「本物の日本」とか言われちゃうと、何だかなぁと思っちゃったりするわけですよ。
無茶苦茶な設定も楽しみの内のゲームだとはいえねぇ。
とりあえず、殿のお姿拝見するまで頑張らなくては。

ちっちゃ従者。
ラファエル気取り従者を落書きしてみたり。
王子じゃないのでトップ絵にはしていません。
そういえばSFC版のラファエルは青い髪だったんだよなぁ。長髪で……
SFCの時は何が何でもラファエルを最終パーティーメンバーに加えていたけど、MSではそこまでの思い入れなくなってしまいました(^^;
保志さんの声はヘタレキャラっぽくて良いですけどね(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もののけ博覧会

山寺芭蕉記念館で「もののけ博覧会」を見てきました。
芥川龍之介の「のっぺらぽう」とか月岡芳年の「三井寺頼豪阿闍梨悪念鼠と変ずる図」(鉄鼠)とかは「vol.18」にも載っていましたよね。
他にも河鍋暁斎の絵が結構あったし、伊藤若冲の「白澤図」は初公開だとか、妖怪好きにはおなじみの鳥山石燕の「画図百鬼夜行」だとか色々あって楽しかったですよ。土佐光貞が描いたという百鬼夜行図は色鮮やかでコミカルで目を惹きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

占いとか

某所で紹介されていた「究極超人あ~る占い」。
私は春風ねこ丸君だったのですが……これって、何だっけ(^^; 覚えていないー。
もしかして、うちにあるコミックスの中で唯一揃っていない(友人に貸している内になくなった)2巻に出てくるのでしょうか……

ロマサガは、ワールドマップ移動規制がかかる時期過ぎたので、ふつーにまったり進めています。
うっかりと皇帝の奇病をやり損ねてしまったりしたけど、まあ今回はもともとウェイ=クビンのとこには行かないつもりだったからいいや。
テオドールおじさまの熱いバトルメッセージがステキーとか、パトリックのやたらじじむさいメッセージも笑えるとか、今回のパーティーメンバーはやる気が出ていいですよ。
テオドールとホークの連携決まった時に、パトリックが「若いのになかなかやるのー」と言ってくれたりとかね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

同級会

昨日、中学校の同級会がありました。
220余名の内、出席者は60名。出席率悪い。うちのクラスの女子などはたった2名の出席だし。
……私も、(名ばかりとはいえ)実行委員に入っていなければ欠席していた可能性大だけど(爆)
(連絡取ることできる友人はみんな欠席だったから…)

まあ卒業以来会っていない人たちと久しぶりに会えたのは、それなりに楽しかったですけどね。
弱小体操部4名中、3名が集合できたし。(あと1名は、既に鬼籍に入っている)

最後に校歌斉唱などもあったりして、かろうじて1番くらいは覚えていたけど、2番、3番は忘れてしまいました。
どうでも良いけど、中学校の校歌の歌詞より、小学校の校歌の歌詞の方が厳めしかったです。小学校は、在校中に百周年を迎えた古い学校で、中学校は統合のため、私達が入学する年に新設された学校のせいですけどね。

話題の中心は現在の家庭のこととかになっちゃうので、その手のネタがない私は、興味ない話に長々付き合うのもつまらないので、二次会までで早々に帰ってきてしまいましたよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SS

ゲーム部屋の方、改装したくて現在いくつかのコンテンツを取り下げています。

ロマサガ関係のSSでも書くようにと、ブログ1個作成。
夢見草庭園
タイトル考えるの面倒くさくて、以前花の写真とか置いていたHPのタイトルをリサイクル(^^;

アイシャの初恋編書いていたら、殿下が夢の王子様でしかないのがどうも気に入らない。アルティマニアでも、殿下は白と判定されてしまったのもつまらない。殿下の本性は黒であってほしいのですよ。
で、黒殿下を登場させようとクローディア編で書いている途中ですが、なかなか理想の黒にはならないのです。難しいなぁ。
現在アップしている分だけでは、まだ黒殿下になっていなくて、殿下は単なるガイド好き男になっています……

ついでに同ブログに、ゲーム部屋の歴代トップ絵も収めてみました。
一言劇場は、当時書いたのを覚えていないのもあるので、変えたのもあります。
髪長皇子のバトルメッセージも覚えていなくて、資料集にも載っていないから、旧パソ立ち上げてゲーム画面を確かめたり。(新パソのゲームデータは、遺跡2までしかなかったから)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったりゲーム

サクラ大戦5は、ようやく第1話が終わったところです。
戦闘ではうまく敵に照準を合わせられなくてムダに動いてしまいます……
もう戦略も何もなく力でゴリ押し的戦い方しているし。

続きをやる前に、一旦ロマサガに戻りました。
パトリックを仲間に入れて最初にやったイベントは「宿屋の娘・変死事件発生」。謹慎中の身なのに堂々と帝都街中を歩き回っています。パトリックの勝利ポーズ笑えて好きだわぁ。
テオドールを入れていると他地域へ移動するのにワールドマップが使えないのが非常に痛いのですが、バグ技で入れているからしょうがないのですよね。不便さより萌えが優先だし。もうちょっとイベントランクがあがるまで我慢しよう。
そういえば、「盗まれたニンフ像」で、コーラルクラブ(でっかいカニ)相手に龍陣発動したのですが、龍にもてあそばれるコーラルクラブは妙にうすっぺらい体で、何だか殻ごと食べられる沢蟹とか、そんな感じだなぁとか思ってしまったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

殿は何でもお見通し

☆の王女2の続き。
教授でバッドED。むっと思い、しつこく色んな選択肢を試してみたが、どうしてもバッドしか出てこない。
この手のゲームで、コンプリートの為ならともかく、単にED見たいだけで攻略サイトを頼るのは屈辱だが、しかたない。検索かけましたよ。
そしたら、メインキャラのくせに隠しキャラ的条件があろうとは……
それさえ分かれば後は大丈夫だろうと、医者と教授続けてやりましたよ。
無駄に長い文章にイライラしつつ、(元々ディスプレイで文章追っていくのは疲れるのでノベルゲーは苦手なのに加え、このゲームってば「もっと簡潔に、濃縮した文章を書いてくれ!」って言いたくなるんだもん…)殿とお会いするために頑張りましたよ。
殿は(色んな意味で)何でもお見通しの超人でしたよ。もう何で光っちゃんは殿のお心が分からず、蛇女になんか惑わされるかなぁ。
現金なもので、それまではこのゲームのアラしか見えなかったのですが、殿が沢山でてきたら、それだけでニコニコできましたよ(笑)

さて、殿のお姿も確認できたし、後は心置きなく他のゲームに移るとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の戦果

「☆の王女2」
2周目。医者でまたもやバッドED。
もー、何でそう後ろ向きに逃げていく男達ばっかりなのよ!
「なんだい、だらしないねぇ。この街には信頼して力を貸せる骨のある戦士はいないみたいだね。」って、シフ姐さん調に叱咤したくなるぞ。

3周目。男役トップスターと恋愛ED。だと思う。(一応最後スチル出たから少なくともバッドじゃないですよね?)
……メインキャラより、色物EDを先に見ちゃうあたり、自分に正直なゲーム展開です。

4周目。幼馴染との恋愛ED。……あの…過去話って、全部に信長様モドキが出てくるわけじゃないんですね……がっくり。

疲れたので、続きする前に他のゲームをやろうっと。


「サクラ大戦5」
さすがにアニメはキレイな画面ですね。(間違っても某ネオロマとかと比べてはいけない/爆)
サクラ大戦シリーズをやるのは初めてなのに、いつも通りマニュアル見ずに始めちゃったりしてるから、途中のミニゲームで失敗しているし。電気系統直せなくて、何故だと、やっとそこでマニュアル開きましたよ(^^;
最終章までたどり着くには遠い道のりのような気がします…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本とか

【金色のコルダ 4】呉由姫著/白泉社 bk1

柚木様が楽しそうでおステキでしたよ。やっぱり柚木様はいいなぁ。
そういえば、第18楽章の扉とか見ていて、ライバルイベントをまだ見ていないままだったなぁと思い出したり……
(数字調整に奔走するコルダは、楽しいんだけど気合入ったときじゃないと億劫なのよねぇ(^^;)


『ロマンシング サガ ミンストレルソング』のノベライズ、ゲーム内時間よりも昔の、ローザ・ライマンのお話なのですね。
ご本人のサイトに載っていた文章見本、わずか2行ではありますが、すごいツボにはまって期待度アップですー。
実を言うと、ロマミンで声がついたことによって「……」と思った一番のキャラは、殿下ではなく詩人だったりします。
どうも吟遊詩人という職業には過剰な憧れを持っていたため、あの語りにはガラガラと夢を崩されたような想いがありまして。
まあ、神殿に仕える歌人等とは違い、大衆酒場をドサ周りしているんだから、私が夢想しているような、言の葉によって天に繋がるような存在とは別なんだと、納得させてゲームを進めておりました。
でも、さすがに妹尾さんの文章だと、ちゃんと"詩人"という職業にふさわしい言葉を与えているようなので、発売日が楽しみです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームが増える

本日は「サクラ大戦5」と「うるるんクエスト」を買ってきました。
昨日から始めているのは「星の王女2」です。
しばらくはやるゲームがなくて困ったということはなさそうです。
……ロマサガ1本だけでもきっと1年くらいはダラダラやってそうだけど。大変コストパフォーマンスの良いゲームだわ。

「星の王女2」1周目は、別に狙っているキャラもいなくて、それぞれ中途半端な選択していたから、恋愛EDはムリだと分かってはいたのですが、幼馴染がイタリアに渡っていってしまって、すっごい唐突にバッドEDでした(^^;
思わず「はぁ?」って口に出しちゃいましたよ。
信長様モドキが出るルートはちゃんと攻略しないと出てこないのですか……それだけを楽しみにしていたのに……
途中幼馴染が怪我しそうだとか、お調子者男が仕込み毒にやられたとかいうのは無視して、男役トップスターとデートなんかしているからダメなのですか。
悔しいからもう一度やりますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シークヮーサー

ヒラミレモンがシークヮーサーの和名だということを知ったのが最近だったりします。それまではヒラミレモンって架空の名前だと思っていたのですよ(^^;
(某OHPスタッフ日記の絵を見て思い出した)
沖縄文化に造詣の深い方々なら知っていて当然のことだったのでしょうか。

この週末はシークヮーサーのチュウハイでも飲みながら、のんびりゲームでもするのが吉でしょうか。
とあるゲームが手元に届いたことだし……
うちにスットックしてある缶チューハイは、氷結のみ(このシリーズにシークヮーサーはない)なので、買出しに行かなくちゃかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

あーつーいー

つい先日までは涼しくて良い夏だと思っていたのに、ここ数日いきなり真夏日続きですよ。
そりゃ、他の地域では大分前からこの暑さだったのだから文句は言えないのだが、でも急激な変化なので身体がついていきません……

私の部屋はエアコンはおろか扇風機も設置していないので、汗ダラダラかきながらゲームしています。(ゲームする元気は一応あるらしい)
ASUKAの付録は大概速攻ゴミ箱行きなのですが、今月(9月号)のまるマうちわは、実用品として使っていますよ。

ロマサガ(←いまさらながら、略称表記はSFC版と区別するためロマミンにした方良いのかなぁ)は、4周目ホークを始めました。
一番最初の戦闘のみのバトルメッセージ「いくぞ!ゲラ=ハ!」「はい。キャプテン。」に燃えて、サンゴ海の魚達としばらく戯れていたのですが、ふと我にかえって、ここで無駄に戦闘重ねると「騎士団の誇りにかけて」に間に合わなくなるといけないと、一旦リセット。ブッチャーとも戦わずに(…)早々にワロン島まで逃げ込みました。
で、しっかり騎士団には間に合い、テオドールのおじさま連れまわしにも成功(^^)
その足でメルビルまで行って、パトリックも仲間に入れました。現在のパーティーメンバーは、ホーク・ゲラ=ハ・ダーク・テオドール・パトリックです。ダークは多分後で他のキャラと変えちゃうけど。今回はかなりウキウキしながら進められそうですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »