« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

戦国無双2

アマゾンに予約していたのが、本日(日付的には昨日)届きました。
予約したのが遅かったし、別に発売日当日に手に入れて早解きしたいというゲームでもないから、別によいのですが……「運命の迷宮」はやっぱりオフィシャルサイトで予約しようっと。

これから封を開けて始めます。
殿のところまでたどり着くのはいつになるでしょう(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了雑誌

【Asuka4月号】
相変わらず「ひよこや」の為だけに買っていますよ。
妙にキラキラしながら父兄モードになっている壱也兄がステキ。

「ネオ アンジェリーク」は、由良さんの絵でマンガ化ではないのですね。彩雲国物語がアニメ化なるから忙しいのかしら。
今号のマンガを読んだ限りでは、アンジェの世界でハルトキをやっている感じ(^^;
人々を苦しめる怨霊を浄化させる稀有な能力を持った少女と、それを補佐する美形の男性が複数ってあたりが。

かなりどうでも良いことですが、ニュータイプ4月号の広告にて、付録がFSSのスクールカレンダーというのを見ていて、「FSSの読者層で"スクール"カレンダーを必要とする人は少ないのでは……」と思ったのですが、考えてみればニュータイプ本誌を購読している主な年齢層は学生さんなのですね。

【花とゆめ 6号】
「闇の末裔」のために買いました。
……ものすごく目がすべるのですけど。
ところどころ、綺麗だなと思える絵はあるのですけれどねー。うーーーん。

「フルハウスキス」
アゴがあまり尖っていないから(笑)、結構いい絵になっていると思います。
ゲストの女の子がかわいい。
でもモブの人達がアシスタントの絵っぽいてのが、気になるかなぁ。ある程度ベテランな漫画家さんならまだしも、まだ新人の部類なんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつのまに…

何の気なしにbk1にて「漱石研究」を検索してみたら、知らない間に最終号として、第18号がヒットなった。
ええっ! 出版社のHP(翰林書房)では、”新刊”が第16号のままなので、ずっと出ていないのだとばかり思っていたのに……
ぬかったわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これから発売のゲーム

戦国無双2
アクションゲームは出来ないと泣きながらも、小太郎の壊れキャラぶりを見たさに買ってしまうと思います。
殿はやっぱりかっこ良いですしねー。
公式サイトの、戦場→イベントギャラリー4頁目あたりの殿を見ると、うっとりしますもの。

幻想水滸伝V
幻想水滸史伝」のWebバージョンを見ていたら、しっかりと「2」のOPの見返り美人ルカ様が収録されているので、一人できゃーきゃー言っているバカがここにいます。
「5」には、ちらっとだけでもハイランド出てこないのかなぁ。出てきたら買っちゃうのに(笑)

遙か3 運命の迷宮】(BGMありサイトにつき注意)
これは買うのは決定です。前回の十六夜記の失敗をふまえて、今回はどこかに予約しておかなくては……
そういえば、意外な方のサイトでヒノエのイラストを拝見して、おおっと思いました。是非他のキャラのイラストも見てみたいなぁ。

ネオアンジェリーク】(BGMありサイトにつき注意)
ときメモGirl's Side 2nd Kiss
こちらは、特に心惹かれるキャラクターもいないし、今のところは買う予定なし。

フルハウスキス2
これは……買わないけど、誰かストーリー部分を適宜編集して見せてくれないかなぁ(^^;
面白い要素はあるんだけど、「1」のゲーム性の悪さに往生したからねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【信長の棺】

【信長の棺】加藤 広著/日本経済新聞社
オンライン書店ビーケーワン:信長の棺

「小泉首相も感銘を受けた」というコピーで読む気が萎え、どーせ信長様が亡くなった後のお話じゃつまんないし、と今まで手を出さずにいたのですが、先日職場に置いてあるのを見て、お昼休み時間を利用して読んでみました。
そしたらすごく面白かったのですよ。

信長様信者でサル嫌いで光秀には割りと好意的な主人公、となったら、私を喜ばせる視点というわけで(笑)
直接的には信長様が活躍なさるわけじゃないから、うっとりという描写はないわけですけどね。

歴史小説にありがちな、作者が出張ってきてのうっとおしい歴史解説とかは殆どないから、快適に読み進めることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »