« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

日曜日のこと

◇桜
三春の滝桜を見てきました。
写真は→「こちら

ああ、そういえば、向こうに設置したブログペットの背景も用意しなくちゃなのでした。
イーニド用に作った時、天蓋付きのベッド描く前に、壁部分だけ保存しておけば、(ちっちゃ王子の)シリーズで寝わたと布団を作れたんだけどもね。向こうのは子ねずみだから、回し車とか作ってあげるとよいのかしら。

◇大河
最近忘れがちだった大河を久しぶりに見ました。
どうも私、なかなか主人公の顔を認識できません。雑兵の中に紛れちゃう感じなのだもの(^^;
長篠の戦いでは、いくらなんでも殿があんな馬防柵の最前線にはいないだろうとかそんなことを思いながら見ていたら、あっという間に戦い終わっちゃうし。

◇マイキャラクター
Love
左サイドバーに設置しいるマイキャラクターが、カレをゲットしたので、記念にプレゼントの着ぐるみを着せてみました(笑)
さて、あとは放置しておいて、どこまで肌が黒ずむのか観察しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

景勝公とか桜とか

午前中、上杉博物館で「上杉景勝-転換の時代を生き抜いた人生」を見てまいりました。

鉄黒漆塗紺糸威異製最上胴具足の前立てにいる、猪さんがかわいらしかったです。
謙信公関連のものだと、信長様と関係あるものが多いのですが、景勝公となると、当然ながら秀吉関係のものになっちゃうんですよねー。なので、パンフレットも買おうかどうしようか迷い、結局買いませんでした(^^;
(だってサル嫌いなんだもの……)

この特別展は、今日からなのですが、土曜日にもかかわらず、博物館の駐車場ガラガラでした。
まだ桜は咲かないし、上杉祭りの期間にも入っていないとは言え、こんなに人が少ないのって、寂しいなぁ。一般の人には景勝公人気ないんですか(^^;

午後からは、長井市民会館であった「桜シンポジウム」の基調講演だけ聴いてきました。
講師の著書で、家にあるのは2冊かと思っていたら3冊持っていましたよ。
オンライン書店ビーケーワン:日本の桜、歴史の桜
日本の桜、歴史の桜/小川和佑著

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出るまで頑張る

mixi辺りで流行っているらしい「成分解析

ゆかりの68%は大人の都合で出来ています。
ゆかりの19%は元気玉で出来ています。
ゆかりの7%は真空で出来ています。
ゆかりの4%は海水で出来ています。
ゆかりの1%は濃硫酸で出来ています。
ゆかりの1%はお菓子で出来ています。

大人の都合っていうと、やっぱり年齢関係でしょうかね。色々と(笑)
ちなみに、苗字付きでやったのが↓

48%は魔法で出来ています。
31%は白インクで出来ています。
13%はスライムで出来ています。
3%はカルシウムで出来ています。
2%は運で出来ています。
2%は黒インクで出来ています。
1%は見栄で出来ています。

上記のアプリ作成者とは関係ないサイトのようですが、成分解析の亜種で「戦国武将解析

ゆかりの91%は伊達政宗で出来ています
ゆかりの7%は山内一豊で出来ています
ゆかりの1%は明智光秀で出来ています
ゆかりの1%は猿飛佐助で出来ています

↓苗字付き
68%は山内一豊で出来ています
22%は森蘭丸で出来ています
5%は武田信玄で出来ています
5%は片倉景綱で出来ています

うえーん、どっちでやっても信長様の御名が出てこない~(泣)
悔しいので、間に空白を入れると結果が違うことを利用し、なんとか出しました。
(よっぽど暇人です……)

ゆ かりの45%は浅井長政で出来ています
ゆ かりの39%は織田信長で出来ています
ゆ かりの9%は明智光秀で出来ています
ゆ かりの6%は織田信長で出来ています
ゆ かりの1%は伊達成実で出来ています

39%の信長様と、6%の信長様は、何か違いがあるのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サイドバー

左側に貼り付けたのは、資生堂のビューティーボルテージのマイキャラクターです。
日々お手入れしてあげると、着替えや髪型変えたり出来て、カレとの距離も近づくそうです。逆にお手入れを怠ると、お肌が衰えるそうな。

そんなわけで、カレのハートを射止める直前まで育てあげ、その後放置して、どこまで衰えるのか観察してみようと思います。(←何だか間違った目標のようですよ?)
ブログペットのように、ここを訪れて下さったお客様に対して話しかけてくれたりはしないようですが、まったりと見守っていただければ(^^;

右側のコメント等は、折り畳み式にしてみました。十印(または-印)をクリックして下さると、開いたり閉じたりするはずです。
このスクリプト自体は、人様のサイトに収まっているのをそのまま利用で良いのか今ひとつ分からなくて、ちょっと悩んでいるんだけど、一応動いているみたいだから良いこととしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花見山とか

昨日福島市の花見山へ行ってきました。
写真は→「こちら

前日の高温で、一気に開いたとかで、本当に見ごたえのある、山一面が花でおおわれたところを見ることできて、楽しかったです。
人出もすごくて、シャトルバスとか茶店とかお手洗いとか、結構並びました。
今回、母と伯母の女性陣のみで行ったのは正解でした。父や伯父らの気短な男性陣がいたら、ゆっくり楽しめない可能性大なので(笑)


全然違う話ですが、ゲーム部屋の方に設置してあるハーボット。最近は全く構わない日々が続いているので、有料のままでいるのも何だし、解約しようと思うのですが……ユーザーIDが分からない(爆)
ソニーIDとも別だったのかなぁ?再通知請求もうまく通らないし、電話で問い合わせるしかないのかなぁ。面倒……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三成クリア

運命の迷宮も一段落ついたので、戦国無双2を再開。
三成に手を付けてみました。

私にとっての戦国史は本能寺で終わっているとか、サル嫌いなので特に最初の方のシナリオはちゃんと読んでいないとか、そんなハンデ(私の愛の注ぎ具合の)を負ったキャラではあるのですが、最後の方には楽しめるようになっていましたよ。
いつの間に直江や幸村と友になっていたのか分からなかったけど(笑)

義の仲間達をクリアしていくと、楽しみが増えていくかしら。

三成の扇を持って、クルクル回りながら戦うのを見るのは好きかも。

……扇を持ち、「舞」で戦うといったら遙か3の朔ちゃんですよね。
で、「義」と書いた扇を持った朔ちゃんが、弁慶を叩くところを想像した私はバカですか(^^;
黒龍消滅した原因は殆ど弁慶にあるし、彼に義はないしね。義を説かれても、いつもの胡散臭い笑顔で受け流しちゃうだろうけど。(←お気に入りのキャラに対して非道い言い様)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【センセイの鞄/安徳天皇漂海記】

【センセイの鞄】川上弘美著/文芸春秋
オンライン書店ビーケーワン:センセイの鞄

以前映像化もされていて、川上さんの代表作とも言えるこの作品を、今まで読んでおりませんでした。
私が川上さんに求めているものは"恋愛小説"じゃないしなーって理由からです。
確かに恋愛小説だし、他の作品ほど幻想文学色が前面には出てきていないけれど、でもやっぱり独特の、あわあわとした空気感がただよっておりました。

自分より30以上も年上のじーさんが愛しく感じるというのを、「有り」だと思えるのは、じじぃ萌え(まあ、私の場合は二次元限定だけど(^^;)の経験からでしょう。以前だったら、全くわからんと思ったかもしれないし。
そう考えれば、今、この作品を読んだのもめぐり合わせの時節が来たからなのかも。

主人公の名前「大町月子」は、大町桂月からとったのかなぁ。でもその割合に、旅にはあんまり出ないのね。って、そんなどうでも良いことをぼんやり思ったりもしました。


【安徳天皇漂海記】宇月原晴明著/中央公論新社
オンライン書店ビーケーワン:安徳天皇漂海記

源実朝については、教科書に載っているようなこと以外知らなかったので、こんな風に描かれると、なかなか興味深い人物だなぁと思いました。

塩乾珠・塩盈珠(干珠・満珠)だとか水蛭子だとか、割と馴染みのある単語が出てくるとワクワクするし(笑)
素直に楽しめました。

なんとなく、安徳天皇の姿を、遙か3の清盛の絵で想像してしまう(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命の迷宮その9

スチルコンプリート。

続きを読む "運命の迷宮その9"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

読了本【マリみて/ひじかた君/嵐雪記】

【マリア様がみてる くもりガラスの向こう側】今野緒雪著/コバルト文庫
オンライン書店ビーケーワン:マリア様がみてる くもりガラスの向こう側

2度目の祥子様宅でのお正月イベント。
まだ瞳子ちゃん問題決着ついていないのがもどかしい。ゴタゴタが一段落ついてから、まとめて読んだ方が良いのかも。

【とってもひじかた君 1】鈴宮和由著/朝日ソノラマ
オンライン書店ビーケーワン:とってもひじかた君 1

思わず懐かしくて買っちゃいました。(多分、車庫の中とか探せば昔のコミックス出てくると思うのだけど(^^;)
私が新撰組ファンになったのは、これがきっかけですよ。幕末モノじゃなくて、学園ラブコメですけどね。総ちゃんが好きだったなぁ。
何故かこの文庫は、小学館ではなく朝日ソノラマから出ています。
当時とは若干写植が違ったりしているそうですよ。

【嵐雪記 5】片山愁/一迅社
オンライン書店ビーケーワン:嵐雪記 5

これも、完結したらまとめて読みたいなぁ。
現時点だと、話が進んでいるのか停滞しているのか、いまいち分からない(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本【黒い心臓/にわか大根/ダヴィンチコード】

【シュバルツ・ヘルツ】桑原水菜著/コバルト文庫
オンライン書店ビーケーワン:シュバルツ・ヘルツ

新シリーズでは、日本の神でなく西洋の神を。ということで、北欧神話がベースになっていますね。
文庫の方の舞台は、日本なので土地神様も出てきますが。
先にコバルト本誌に掲載なった方を読んでいたのですが、ちゃんとキャラを把握していなかったので、これって誰だっけと考えながら読み進めたり(^^;
他シリーズのような熱い水菜節は身を潜めていますが、これはこれで好きかも。
イラストは、きれいなんだけども、目に生気がなくて、ちょっと苦手だなぁ。


【にわか大根】近藤史恵著/光文社
オンライン書店ビーケーワン:にわか大根

きわめて普通な乙女、おふくちゃんの心情は分かりやすいと思います。
近藤さんの作品を読んでいると、歌舞伎も見てみたいなぁと思うのですが、きちんとお勉強しないと敷居が高い気がして手を出せないです(^^;


【ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下】ダン・ブラウン著・越前敏弥訳/角川書店
オンライン書店ビーケーワン:ダ・ヴィンチ・コード 上

それなりに面白かったです。
導師の正体は、怪人二十面相とかその類のを読んでいるような気分になりましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運命の迷宮その8

EDコンプリート

続きを読む "運命の迷宮その8"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »