« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

予約

今まで、ブルー作品はオフィシャル通販で買っていたけれども、兄ブランドの方はアマ○ン利用だったので、戦国ランスはどうしようかなぁと迷っておりました。
が、ア○ゾンだと発売日に到着しない可能性大なので、今回はオフィシャル通販で予約することにしました。

全勢力が発表なったのを見ていて思ったこと。
四国(死国)って、既存の支配者層には属さない、下級層の勢力(しかも戦国時代という括りからはもはや関係ない人達)が勃興する土地柄なのね。ということでした。

今、ちまちまとミラージュ(四国編じゃないとこだけど)再読中なので、赤鯨衆を思い浮かべてしまうのですよ。
潮の正体が安芸国虎だと明かされる前は、坂本竜馬なのかなと思っていたことを思い出したり。安芸国虎って名前、それまで知らなかったし(爆)

戦国ランスには、色々と楽しめそうなキャラが揃っていて、すごく楽しみです。

関係ないけれども、先日、来年の大河の宣伝を見ていて、「主人公は、武田の山本……名前なんだっけ?」と言ったら、母の答えは「五十六?」でした。母上、それは戦国時代の人ではありません(^^; (もちろん母がランスに出てくる五十六を知っているわけじゃありませんよ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

読了本【星降る森のリトル魔女 4】

【星降る森のリトル魔女 4】めるへんめーかー著/朝日ソノラマ
オンライン書店ビーケーワン:星降る森のリトル魔女 4

文庫版最終巻です。
元のコミックスが幻の7巻となってしまったため読むことが叶わなかった最終話が、ようやく読むことできました。ああうれしい(^^)
ふあふあで、かわいらしくて、夢の中のような素敵な世界。やっぱり大好きだわー。

女の子にとっては、「王子さんをつかまえる」という夢を持っていたいですよね(笑)
や、別に現実的に玉の輿に乗りたいってのじゃなくて、"王子さまを夢にみている"という状態が楽しいってことなのですが。(もうとっくにそんなこと夢見ていられる歳じゃないだろうというのは置いといて)

後書きは、妹君・妹尾ゆふ子氏による「Tea Time」。最後の一言には、「私もそれを願っております!」と本に向かって語りかけたくなりました。

とりあえず、今度創刊なる雑誌に、エッセイ(というカテゴリでよいのかな?)では復活なさるようですけどね。
http://bethnet.jp/pc/contents/index.html#22
他の執筆陣には馴染みがないから、購入するかどうか分かりませんが……
今後コミックの方でも復活して欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10周年記念アニバーサリーセット

Mira2006

今年の契ワイン届きました。赤・白のスパークリングワイン、ハーフボトル各1と、ワインジャム、メッセージカード、ポスターのセットです。

さて、これを熊野オフに2セット持って行くか、熊野オフに1セット・水庭10周年オフに1セット持って行くか悩み中。
当初は、ハーフボトルなので、10名で飲むには1セットじゃ足りないだろうと思って2セット分買ったのですけど、結構1セットが重たいのですよ(^^;

ちなみに、保存用にもう1セット買っていますよ。
で、10年分買い続けるとこんな感じになるわけです。
Miraall

もっとも、私は高耶さんのファンでも直江のファンでもないので、両名のバースデーセットは買ったことないので、これで全種類というわけじゃないですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日光の写真

先日職場旅行で日光に行ったときの写真をアップしました。
こちら

フツー絶対載せそうな「眠り猫」や「三猿」とかの華やかな写真は無いですけど、まあ別にいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本【ねじまき博士/アリアドネの糸車/邪魅の雫】

【ねじまき博士と謎のゴースト】樹川 さとみ著/コバルト文庫
オンライン書店ビーケーワン:ねじまき博士と謎のゴースト

リーの謎もからんで、SF風味も出てまいりましたね。
オリビエは本当に良い子だと思いますよ。……結婚したいかどうかは別として。友達としては欲しいですよね。


【シュバルツ・ヘルツ アリアドネの糸車】桑原 水菜著/コバルト文庫
オンライン書店ビーケーワン:アリアドネの糸車

今回はギリシャ神話がらみ。アステカよりは、馴染みもあり、登場人物や怪物にも聞き覚えがあります。が、ヒュドラの倒し方なんてのまでは覚えていませんよ。
弟がギリシャ神話系のゲームをやっていたからといって、そんな知識まで頭に入れている美咲ちゃんはかなりマニアックだと思います(笑)

今後の人間関係が、どのように転がっていくのか、楽しみになってまいりました。


【邪魅の雫】京極 夏彦著/講談社
オンライン書店ビーケーワン:邪魅の雫

何だか今回関口がマトモな人間っぽいですよ?
閉じた世界の中だけで生きている人物が多すぎる感じがします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ランス6えんでぃんぐー

他にやっておきたいモノもあるし、そろそろクリアしておこうと、EDまで進めました。

・・・あれっ?これで終わり?アベルトの決着なしなの?
とか思ったら、その後もまだあるのですね。
挑戦モード。ゴールデンハニーは倒せたけど、グナガンと一発は倒せません(^^;
もうちょっとレベル上げがんばろー。


ED前のイベントの、ラインコックの首を落とす辺りで、「やっぱりアベルトって好きなキャラかも」と思ったなどとは、あまり大きな声では言えません(^^;
いや、ほら、「胡散臭い笑顔」とか「好奇心優先」とかにね、萌えたりすることってありますでしょう。「遙か3」の弁慶好きな方なら、分かっていただけるかと……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »