« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

読了本【パレドゥレーヌ】

【パレドゥレーヌ~薔薇の守護~】妹尾ゆふ子著・皇なつきイラスト・工画堂スタジオイラスト/コナミデジタルエンタテインメント
オンライン書店ビーケーワン:パレドゥレーヌ

プリンセスシミュレーションゲーム(笑)のノベライズ。
http://filia.jp/index2.html
ゲームはやっていないのですが、妹尾さんなら、ゲームのダイジェストストーリーでユーザー以外読む価値なしなどという作品ではないだろうと購入。

ゲームよりも三年前、まだ父王も病床ながら健在で、兄王子もいて、大切に守られていた幸福な時代のお話。
まだ子供の領域にいる登場人物たちそれぞれが、自分達の未来について思い悩み、模索し、一歩を踏み出そうしている姿が描かれております。

中世ロマンス好きな乙女にはオススメ。
まだ主人公は12歳なので、恋愛方面は、ようやくフラグが1つ立ったかなという程度ですが。
宮廷生活や、御前試合、舞踏会、要塞となる砦等、乙女向きに生々しさはオブラートで包まれておりますが、充分その世界の空気感を感じられて楽しいです。

本文中のイラストは無い方が良かったなぁ……
先にゲームやっていれば、何の違和感もなく受け入れられたのだろうけれど、本文の描写から、繊細で美々しいドレスを脳裏に描いてうっとりしたところで、単純なラインの塗り絵向けなイラストを出されると萎えるわけですよ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2周目・北条攻め

1周目は全く関わり合い持てなかった北条早雲に会おうと、天志教は無視し、ひたすら東へ攻めていきました。

続きを読む "2周目・北条攻め"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戦国ランスキャラ感想その1

とりあえず、現時点で出会ったキャラ達の感想。異国援軍は省きます。
何しろ接触していない国が多いし、キャラクリしたのは僅かだしなので、今後別なイベントを見ることによって評価の変わるキャラもいると思います。

あ、当然のようにネタバレあるのでご承知下さい。

続きを読む "戦国ランスキャラ感想その1"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

戦国ランス1周目終了

かなりヘタレすぎなプレイでしたが、何とかエンディングまでたどり着きました。
前回の記事以降の経緯。

続きを読む "戦国ランス1周目終了"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リンクページ一時閉鎖

時代の流れと共に、お付き合いさせていただいている方のサイトも、閉鎖や縮小が多くなってきていることもあり、拙サイトのリンクページも見直しを図ろうと思い、一時閉鎖いたしました。

相互リンクいただいている方には大変申し訳ないですが、今後どのような形にするかは未定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦国ランス途中経過の2

1周目は極力やり直ししない方針だったのですが……

続きを読む "戦国ランス途中経過の2"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

戦国ランス途中経過の1

亀の歩みで進めております。
1ターン2回だけの行動だと、なかなか先に進めません。
……あ、ボーナスの「行動回数増やす」って、こっちのターンの方の行動回数だったのか。てっきり戦闘中の行動数かと思って後回しにして、異国からの援軍を優先していたのに……

ううっ。ものすごく効率悪い進め方しているんだろうなぁ。
まあ1周目は手探りで、気の向くままやろうと決めているから、やり直しはしないけど。

続きを読む "戦国ランス途中経過の1"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

届いたー

今年一番のお楽しみゲーム「戦国ランス」が届きました。
これからインストールしますー。

信長様、儚げ美人だなぁと思っていたら、不治の病ですか。斬新な信長様だなぁ(笑)
どんな風に動いて下さるのか、楽しみ(^^)

マニュアル最初の方のイラストって、ひさとさんの絵ですよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何を今更

アマゾンからのおすすめメールのタイトルに「ロマンシング サガ ~ミンストレルソング」などと書いてあったから、何か新商品でも出たのかしら? と思ったら、さにあらず。全く今更なアルティマニアの紹介でした。とっくの昔に買いましたよ。

その他の今回のおすすめ内容。
* 王子さま LV1
持っています。もしも、「あと1本購入すれば"3"が製作されます」とか言われたら、喜んで買うけど。

* 遙かなる時空の中で3 運命の迷宮(通常版)
プレミアムBOX版を持っているので要りません。

* ファイナルファンタジーV アドバンス
ちょっと心動かされる商品なんだけど…
そういえば、PS版のED見ていないような気がする。(SFC版は3周くらいやった)

* 遙かなる時空の中で3 コンプリートガイド
持っています。

* 真・三國無双4 Empires
興味ありません。

* 戦国無双2 Empires
興味はあるけど、今買ってもやる時間ないしなぁ。

* ニンテンドーDS Lite アイスブルー
エナメルネイビーを持っているから間に合っています。
っていうか、在庫ない商品おすすめするのはどうよ。

そんなに的を外したおすすめではないですけどね。
FFを、移植最新版の6ではなく、5を推すあたり、大変わたし向けだし(笑)(FFの中では5が一番好きなので)
でも、全体的に発売なってから結構時間経っている商品が多いのはどうして? 他の人宛のおすすめもこんなもんなのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本【闇に歌えば】

【闇に歌えば】瀬川貴次著/コバルト文庫
オンライン書店ビーケーワン:闇に歌えば オンライン書店ビーケーワン:青い翅の夢魔 オンライン書店ビーケーワン:影の召喚者 オンライン書店ビーケーワン:白木蓮の満開の夜
オンライン書店ビーケーワン:黒焔の呪言(まがごと) オンライン書店ビーケーワン:死人還り オンライン書店ビーケーワン:白銀の邪剣

闇に歌えばシリーズ、コバルト文庫版で現在出ているとこまで読了。
(私信:けーこさまありがとうございます)

聖霊狩りシリーズの方を先に読んでいるので、楠木誠志郎って、昔はこんなに世を拗ねた子だったんだと、その後の人間的成長っぷりに感動すら覚えました。聖霊狩りの方でだと、大分人当たりの良い少年って感じだから。

誠志郎の祖母「アヤ」という名前は、暗夜鬼譚の「辻のあやこ」と関係あるのか、単に作者の好きな名前なのか気になり、ちょっと調べてみたら、北野天満宮の由緒の中に、「多治比文子(奇子という表記もあり)=あやこ」という名前が出てきました。辻のあやこは、この人物がモデルってことなのですね。いろいろと元ネタ調べていくのも面白そう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【アルスラーン12/今日からマ王!?】

【アルスラーン戦記12 暗黒神殿】田中芳樹著/光文社
オンライン書店ビーケーワン:暗黒神殿

あちこちの場所で色々な事が起こっている、怒涛の展開。
個人的には、カバー折り返しの著者のことばを見て、うっかり「蛇王かわいい」とか思ったり(笑)

一見平和そうな場面で、不吉な記述など書かれると、「この先どうなるんだろう」とドキドキして、次巻以降も買わなくちゃと思ってしまうという、作者の罠にしっかりはまってしまいます。

どうでも良いことなのですが、アルスラーンの中で私の好きなキャラはナルサスとヒルメス。ダリューンはどうでもいい人。……まるマの二男だとか、正統派な武人はどうでもいい人という分類になるのだなと、改めて自分の好みの偏向性を感じる(^^;


【今日からマ王!?】喬林知著/ビーンズ文庫
オンライン書店ビーケーワン:今日からマ王!?

雑誌等に載った短編集かな。私は全部追っかけているわけじゃないので、読んだことあるのとないのとがありました。
スザナ=ジュリアが思っていたより男前なキャラでした(笑)

お気楽に読める小話のいくつかは、外伝というより、パラレル話に近いのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »