« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

コルダ2

来月発売の金色のコルダ2
http://www.gamecity.ne.jp/ps2/corda2/

予約しとこうかなと思い調べたところ、迷いが生じてしまいました。
今回のプレミアムBOX内容は楽曲集のCDとスチルデータ集。
別にいらないような気もするのですが、何分にも「1」では柚木様攻略に全精力を傾けた後力尽き、コンプリートはしていなかったりするので、今回もコンプリートしない可能性が大な訳です(^^;

ところが、行動が遅かった為、ゲームシティの予約では、発売日出荷分のプレミアムBOXは予定数終了などとなっております。
うーーーん、別に発売日より遅れて入手でも構わない気もするけど、どうしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

読了本【王子辞典】

立ち読みするのも何なので、結局買ってしまいました(^^;
私にとっての王子様は載っていませんでしたが。

古今東西色々な王子(中にはこれを王子と呼ぶのは激しく違うのではないかという人物も無きにしもあらず…)が登場しますが、微妙に偏っているような気もします。テニスの王子様を演じている人の率高いしね(笑)

有閑倶楽部の松竹梅魅録が出てきたので、「何故”王子"というカテゴリで魅録なの?普通美童の方じゃないのか?」と思ったら、次のページで出てきました。そうなると、一人だけ載らなかった清四郎が可哀想です……

しょこたんが挙げている二次元王子は、割とまっとうと思えるラインナップでした。
でも、インタビュアーとの波長は合っていなかったんじゃないかなぁ。ロン毛とか、線が細いとかいう本当に少女マンガ的王子様なキーワードを挙げているのに、唐突に「課長島耕作とかはどうですか」と、全然畑違いのキャラ出してきたりするし。それに対しては「ないですね。絶対王子じゃない。」とすっぱり切り捨てるしょこたん(笑)
せっかくしょこたんが、美人薄命なキャラを再三挙げているんだから、お父上の話題を振ってあげるのが礼儀じゃないかと思うわけですよ。
勝っちゃんには、後の方の企画である王子ジャケ(王子的雰囲気を感じることのできるCD&DVDジャケット)で取り上げられているものよりよっぽどストレートに王子様なレコードジャケットもありますよ。
Hananokubikazari

それはそうと、タイプ別王子診断チャートで私がたどり着いたのは「オレ様王子」でした。
やはり、ルカ皇子ってことですね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安田を探しています

やっと虎子ちゃん捕獲。
乙女ゲーでリロードしまくり耐性はそれなりに付いているとはいえ、長い道のりでした。
ちなみに、虎子も勝子も徳川家に仕官しておりましたが、たぬきの着ぐるみはなしでした。

景虎と、直江・色部・柿崎まではいるので、あと安田さえいれば上杉夜叉衆(by炎の蜃気楼)を結成出来るのだけどもな。千秋はどこをほっつき歩いているのでしょうか。

それはそうと、オフィシャルサイトの方で、信長様は男性部門2位ですね。おめでとうございます、殿ー。(私はアンケート出していないけど(^^;)
memoの方の信長様かっこよいです。病弱っぽさが薄れていますけど、ホストバージョンってことでしょうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都信長様参詣の旅

2月10日~12日京都に行ってまいりました。

1日目。
1時半頃京都着。いつものごとくキャリーサービスに荷物を預け、身軽になったら出発です。

まずは緑寿庵清水に行ってみました。店内はお客さんが5~6人も入ると窮屈という感じの狭いところです。もうちょっと空いていれば、じっくりゆっくり見てみたいところですが……
今回買った内の柚子を食してみましたが、さすがに美味しかったです。お歳暮の時期に出る日本酒の金平糖というのも気になる。

続いて表千家北山会館へ。ここではお家元のお道具を見ることが出来ます。今の時期は、新年ということで干支関係のものが展示されていました。
同門会員なら、お茶を一服無料でいただけます。
……館内には客が一人だけなので、寂しいというか、妙に緊張しました。

あとは一保堂(本当はここの喫茶室「嘉木」でお茶しようかと目論んでいたのですが、並んで待っている人が沢山いたのでやめた)だとか、鳩居堂だとかをフラフラ見て回り、疲れたので一度ホテルにチェックイン。

この後、本当は現在京都シネマで上映されているユメ十夜を見に行こうと思っていたのですが、HP減りまくりの時に行くと途中で寝てしまいそうなので中止(^^;

夕食は新風館にある京野菜のお店Tawawaで、ホタテ貝と堀川ごぼうのポワレ・聖護院かぶらのポタージュ・丹波黒豆と赤飯の湯葉包みあんかけを食す。ホタテ貝が思っていたより量が多くて、出てきた瞬間、やっぱりご飯をやめてグラスワインでも頼めば良かったかなぁと後悔。完食はしましたが、お腹いっぱいです。
入りやすくて落ち着いた雰囲気だし、私が食べられるモノ多いし(笑)、なかなか良いとこでした。

帰り道にコンビニで缶チューハイ等を購入し、1日目の行動は終了。


2日目。
二条殿跡石碑観光客らしく、イノダコーヒ本店で朝食にしようかと思ったのですが、店の外まで客が並んでいるのを見て断念。しょうがないのでスターバックス烏丸三条店で朝食。

烏丸御池駅付近、京都国際まんがミュージアムの裏口にある二条殿跡(義昭の為に建てた二条城ではなく、先に信長様が泉水・大庭の眺望を面白くおぼしめされ京の宿所として普請された後、誠仁親王に献上したいわゆる二条新御所。のはず。)をチェック。
往時の面影はさっぱりございません。

地下鉄に乗って竹田駅まで南下。今回はここで、ちよまさま、るーさまと待ち合わせです。
七草
まずは城南宮で、ちょうどこの日行われていた七草粥をいただきます。客は多くても、回転が早いので待つ必要はないみたいです。
……ほとんど食べ終えてから、写真撮るの忘れていたことに気がついたりしましたが(^^;

花の季節なら、神苑をゆっくり散策するのも良いのだろうけどねぇ。ということで、有料区域には足を踏み入れず、外から咲き始めの梅を見た程度で退散。

本日の目的地、ハルトキツアーの一環である鳥羽殿跡へ向かいます。
鳥羽殿跡石碑
最初からここには特に何も無い、フツーの公園になっているとは知っていましたけどね、でも、グランドの金網越しに見る石碑というのはかなり物悲しいものがあります。

駅までの帰り道に見つけて寄ってみた北向山不動院は、護摩壇を囲んで四方を守護する四明王が揃っていたり、おみくじが中々ゆかいだったりと、こじんまりとした所ながらも楽しい場所でした。

お昼ごはんは松富や壽いちえで、おばんざいのバイキングです。

その後、ちよまさまの家にお邪魔して、お茶したりゲームしたりしながらまったりとおしゃべり。

夕食は、瑠璃子さまと合流した後に、ゆず家へ。
個室という気楽な空間だし(でも隣との区切りは御簾みたいなものだから、本当は声筒抜けなんだろうけど(^^;)、色々な話題のおしゃべりに花が咲いて、気がついたらるーさまの終電ギリギリになっていました。

3日目。
瑠璃子さまと待ち合わせて、まずはホテル近くの本能寺へ。ここは回りやすいし、何回来ても良いところです。朝から爽やかに殿のお墓に手を合わせ出発。

移動中、阿弥陀寺の前を通りかかったので、タクシーの中から「殿~っ!」と手を振り、次に向かった先は今宮神社です。目的は本社でも、あぶり餅でもありません。「織田稲荷社」です。
織田稲荷社
今宮神社由緒略記には、「信長の墓所阿弥陀寺の移転跡地、西陣元伊佐町に鎮座ました織田稲荷社を昭和62年に遷し祀った。」とあります。
下の方から覗き込まないと額が読めないような小さなお社ですので、今宮神社に行ったことある人でも、気がついた人は少ないかも。

次は、特別公開中の妙心寺・玉鳳院へ。ここの目的も、山内最古の重文指定の建物でも、史跡名勝の庭園でもありません。信長様のお墓です。
何分にも普段は非公開の場所ですので、特別公開の時を狙わなければダメなわけですよ。
今回の旅の目的はこれだったので、無事参詣できてうれしいです。
私はピンポイントな情報しか仕入れていないので知らなかったのですが、ここには秀吉の最初の子、鶴松の霊屋もあるのですね。

石田三成一族菩提所石碑
広大な妙心寺の塔頭の一つに、石田三成が父の供養の為に創建したという寿聖院もあるのですね。パンフレットによると、「紹介者のみ公開」とかって敷居の高い表記があるため、門前を見てきただけですが、どうやらこの中には供養塔はもちろんのこと、三成の肖像画とか直筆の書とかもあるみたいですよ。

帰りの列車の時間が近付いた瑠璃子さまとはこの辺でお別れ。

その後は一人でふらふらと現在の本能寺跡だとか、南蛮寺跡だとか、地図に載ってて気になった織田信雄・加藤清正古跡だとかを、石碑マニア魂発揮して(違)見て回りました。この付近の逓信病院敷地内には、信長様の首を洗ったという言い伝えのある池もあるのだよなぁと、横目で眺めつつも、さすがに表にそんな案内板があるわけでもない病院へ入っていける勇気はなく通り過ぎてきました(^^;
本能寺跡石碑その1本能寺跡石碑その2
南蛮寺跡石碑
織田信雄・加藤清正古跡石碑


山形からわざわざ京都へ行ったというのに何故か人様の家でゲームをしていたりとか、信長様ファン同士で信長様のお墓参り三昧できたりとか、とても楽しい旅でございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

読了本【ねじまき博士とガラスの時計/海の仙人】

【ねじまき博士とガラスの時計】樹川さとみ著
じじぃ萌え(笑) おちゃめなじじぃは良いですよね。
これで最終巻なのでしょうか。
名残惜しい感じではありますが、ちゃんとハッピーエンドで終わっていますしね。
できれば外伝で、執事のロレンスさんとか、良い子のオリビエくんとかのお話も読んでみたいです。

【海の仙人】絲山秋子著
最初の内は、出来損ないの神様の名前が「ファンタジー」などという脱力するようなネーミングだし、これはオドロオドロしさのない幻想小説なのだろうと思って、もしこの神様が自分の前に現れたら、「ふぁんた爺」という名札でも作ってあげようかなどと考えつつ、気軽に読んでいました。
が、次第次第に作品世界の空気の密度が濃くなり、読了時にはその空気感に圧倒されました。
静謐なのに、とても存在感のある空気感なのです。

悲愴な出来事も浮世離れした世界のように描かれているので、リアリティを求める人には合わないかもしれませんが、私は好きな作品でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

購入雑誌

Cool-B3月号】
この雑誌なら、俺下PS2移植の記事を大きく扱ってくれるだろうと思ってはいましたが、スズケンさん描下ろしのポスター&陣内さん書下ろしのSSまであるとは、期待以上です。

ブルースタッフによる追加「きのこ」もあるみたいだし、ソ○ー倫理をくぐり抜けた社長を早く見てみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

占い

キャラクター占い2つ

遙かなる時空の中で3占い:ゆかりさんの診断結果
性格
勉強や仕事のときはヒノエ的な性格ですが、家に帰ると春日望美的な一面も見せるようです。
あなたのヒノエ度は52%、春日望美度は19%です。

外見・ルックス
あなたは黒龍に近い外見ですが、心の中では梶原景時になりたいと思っているようです。
あなたの黒龍度は56%、梶原景時度は24%です。

相性
藤原秀衡を食事に誘って、おごってあげることで運気がアップ!
あなたと藤原秀衡との相性は62%です。


秀衡おじさまとお食事するのは楽しそうだけど、おごるのは無理だと思うな(笑)

炎の蜃気楼占い:ゆかりさんの診断結果
性格
あなたは織田信長に近い性格を持ちますが、心の中では上杉景虎になりたいと思っているようです。
あなたの織田信長度は67%、上杉景虎度は32%です。

外見・ルックス
あなたの外見は門脇綾子にとても近いですが、一方でミホ的な要素も持ち合わせているようです。
あなたの門脇綾子度は73%、ミホ度は55%です。

相性
門脇綾子とは気が合わないので、あまり関わらないほうが良いかも。
あなたと門脇綾子との相性は37%です。

心の中でこそ、信長様になりたいと思っているわ!
あ、でも高耶さんになった方が、美獣って執着してもらえるからオイシイのかなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謙信ちゃんと愛ちゃん

吹雪の中、お土産品を仕入れにいった先で、うっかり買ってしまいました。
Kobosi

謙信公のグッズは色々あるけど、愛ちゃん(兼続)とお揃いとなると、こんなところです。

本当を言うと謙信公は米沢の人じゃないんですけどね。米沢藩の初代藩主は景勝公です。
それなのに、景勝公のグッズは見当たりません。可哀想に。ほろり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単リンクが無い…

今まで読了本等の紹介には、ビーケーワンのブリーダープログラムを利用して表紙画像を載せておりました。商品頁へのリンク用ソースは、簡単リンクを利用していたのですが、どうやらビーケーワンでは、ブリーダープログラムから、他社提携のアフィリエイトシステムに移行したらしく、簡単リンクがなくなってしまいました……

辺境サイトなので報酬などは全く期待していないのですが、表紙画像は使いたいのですよ。あと基本的な商品の説明は面倒なので、内容はそっちを参照してね、という意味合いもあったり。(うちは不親切なサイトです/爆)

ブリーダープログラムそのものはまだ生きているみたいだけど、リンク用ソースは自分で作成しなきゃいけないとなると面倒。
いっそのこと密林に乗り換えようかなぁ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »