« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

期待薄…

今朝の地元新聞に、再来年の大河ドラマ原作者を招いての懇話会における要旨が載っておりました。

何と言うか、フツー原作者のインタビューとか見ると、期待感でワクワクしてくるはずなのですが、かえって期待感がしぼんでいきます。

曰く
謙信にはもう一人、北条氏康の子で景虎という養子がいた。関東一の美少年といわれた人物で、ドラマではぜひジャニーズ系の俳優に演じてほしい。」

景虎様の美形を強調してくれるのは嬉しいが、安易に大河でジャニーズを配するのは止めた方が良いと思う。

曰く
信長は勢力を拡大すると比叡山を焼き払うなど、権力欲に酔い、武士道に反するような恐怖政治を敷いた。」

…物語上だったら、信長様は上杉家の敵となるのだから、悪辣非道な人物設定になっていても仕方ないと思うけど、著者自身の認識がこうなのだとすると、萎えてくるですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGAKE2周目

早速ズルモード発動。

……確かに楽なんだけども、ゲームの楽しみは減りますね(^^;

以下ネタバレ有り。
 
 
 

続きを読む "AGAKE2周目"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

AGAKE1.5周目

1周目のセーブデータ使い回しで、清水新のGOOD&BAD(受)と、山口幸雄のGOOD&BAD(受)EDを回収。

以下、ネタバレあります。

続きを読む "AGAKE1.5周目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGAKE1周目

とりあえず1周目は、花屋GOODED(受)

以下、ネタバレ有りです。


続きを読む "AGAKE1周目"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ようやく届いたー

発売日の2ヶ月も前から予約していたというのに、ようやく今日「俺の下でAGAKE(俺の下で喘げ-山口幸雄編-付)が届きました。

おまけCDは、確かに喘いではいますね。このくだらなさがステキ(笑)

ゲームの方は、OPが始まるところまで見ました。
……そうか、これは”大人の事情”が関係ないから、新の年齢設定も、ちゃんと表に出せるのですね。
「17歳」という表示を見た時、思わず笑ってしまいましたよ。(フツーそこは爆笑ポイントじゃないのに(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たそがれ

アマ○ンに予約していた「俺の下でAGAKE」がまだ届きません。
週末は俺下三昧の予定だったのに、本当にkonozama……

悲しみに打ちひしがれたので、意味もなくちっちゃ乱丸を描いてみたり。

Ranmaru

乱丸とヒノエの髪型って、似ているよなぁと、ボーっと考えていたので、二人並べて描いてみようかと思ったのですが、ヒノエは面倒くさいの止めてしまいました。だってあの子装身具やたら多いし(^^;

この乱丸にしても、肩についているはずの鞘だとか、草摺とか脛当とか面倒だから省いているし、色々と間違っているけども、気にしないということで(爆)

戦国ランスのキャラ設定が分からないのですが、多分乱丸とヒノエは、身長も同じくらいなんじゃないかと。……私もヒノエと同じ身長(170cm)なんだけど。
自分を基準にしちゃうと、ランスくん(確か173cmですね?)も背ちっちゃく感じてしまいます(^^:

ついでに俺下キャラの身長も確認してみました。
社長=179cm まずまず。
花屋=172cm 微妙……
子猫ちゃん=162cm さすがにちっちゃいですね。ほろり。
パパ=175cm まずまず。
秘書=183cm 結構大きかったんだ。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑誌【別冊コバルト】

久々の炎の蜃気楼新作のために購入しました。

以下、ネタバレあります。

続きを読む "雑誌【別冊コバルト】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本【作家の値段】

作家の値段
講談社
出久根 達郎(著)
発売日:2007-05-22

出久根さんの読書案内を読んでいると、時々とてつもなく面白そうに感じられる作品が出てきます。実際にその作品を読んでみると、あまり私好みではなかったりすることもあるわけですが(^^; それだけ紹介の仕方が巧みだということで。

どうでも良いけど、森鴎外の章なのに、鴎外に対する愛がなくて、徹底した漱石贔屓な文章が、ちょっと笑えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謙信ルート終了

久しぶりに再開した戦国ランス。

とりあえず今回は謙信ルートという方針だけは立てたのですが、相変わらず行き当たりばったりな進め方をしているので、色々と大変でした。

まずはさっくりと謙信ちゃんを仲間にしなくちゃと、テキサス経由でMAZOに入ったのですが、雪姫が速攻で武田をそそのかしてくれたお陰で、まだこちらは殆ど戦力ない状態なのに、上杉家・武田家・徳川家・足利家と交戦状態に陥り、序盤から窮地に立たされてしまいましたよ。

今周は武田の4連続防衛をする態勢整っていないので、風林火山を捕獲するのは諦めました……

帝レースの方は、鈴谷無双と熊野五郎がすぐに出てきてくれたし、柚原柚美・沖田のぞみは既に仲間にしていたので、すんなりと完了。

その後は、どう進めるか基本方針立てていなかったので、かなり迷走(^^;

戦いの主戦力は、謙信ちゃん・ウルザちゃん・早雲・性眼あたりで、ダラダラと魔軍以外を制圧して行き、政宗を仲間にした時点で、ちょっと一回ザビエルはどれくらい強いのか試してみようと、オロチ穴に潜っていったら、結構あっさりと勝ってしまいましたよ。
ザビエルはLv.100とかって聞いていたから、まだまだレベルアップしてからじゃないとダメだろうと思っていたのに……
(ちなみにこの時点のランスがLv.63)
ほとんどの迷宮は、まだレベルアップの為に残していたのだけど、ムダになってしまいました(^^;

次は、どうしよう。
今週末にはPS2版社長が届く予定だから、それまでにもう1周は、無理かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【グランドマスター!】

グランドマスター!総長はお嬢さま
集英社
樹川 さとみ(著)
発売日:2007-06

まるで統一性のない、個性的なメンバーによる珍道中。
楽魔女系のコメディーが好きな方におすすめ。

堅物体育会系軍人、女性の為なら例え火の中水の中な色男、お調子者の少年、黒髪で黒づくめの服を着てムチが得物の隠密系青年、常識人苦労人の中年、美少女顔の少年、一見すっとぼけているようで実は大分食えない性格のおじさま等々と、バラエティーに富んだ男性がよりどりみどり。なのに逆ハーレムな乙女ゲー的雰囲気にならないのは、ヒロインのキャラのお陰なのでしょう(笑)

水戸黄門な旅はまだ続くようなので、次巻も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »