« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

読了本【泣き虫弱虫諸葛孔明/白鷹伝】

泣き虫弱虫諸葛孔明
文藝春秋
酒見 賢一(著)
発売日:2004-11-25

書名からは、等身大の人間臭い孔明を描いた作品なのかなという印象を受けましたが、さにあらず、宇宙的変人の孔明を描いた作品なのでした。

講談調というか、話し手の突っ込み入りまくりの文は、ものすごくお気楽に読むことできて楽しかったです。

劉備・関羽・張飛の三英雄のおバカっぷりは、まさに「お可愛いらしい」と微笑みたくなるようで、孔明の妻の黄氏とはお友達になれそうです。

唐突にミュージカルを始める人達とか、碁に宇宙を見ている人とか、その他変な人が沢山出てくるし、西部劇調な三国志の世界もちょろっと楽しめるし、読んでいてワクワクいたします。

とはいえ、もしもこの作品を、純朴だった中高生時代に読んだとしたら、「こんなの私の孔明様じゃないっ!」と壁に投げつけていた可能性もあるわけで、本当に書物との出会いのタイミングって大切だなぁと、しみじみ思うわけであります。


白鷹伝―戦国秘録
祥伝社
山本 兼一(著)
発売日:2007-04

浅井家・織田家・豊臣家・徳川家に仕えた伝説の鷹匠のお話。

主人公の家次が仕えていて一番楽しかった主人は、信長様なのであろうと思えるように、魅力的に描かれておりました。

短文畳みかけがあまり効果的でなく、端折った印象を受けるのがちょっと惜しいですが、なかなか読みやすく、良い作品かと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CD等

「俺の下で喘げ」全種類聞くことできました。

◇樋口編
 ……本当にテンション高いですね(^^; 借金戦隊クロサキファイブのメンバーであることを嬉々として受け入れているのは、樋口だけなんだろうな。

◇新編
 きのこが悪夢じゃない! 社長も甘々で嬉しそうだしなぁ。一番ほのぼのとしていますね。

◇秘書編
 社長の棒読み「たすけてくれ」が(笑)
 本当にタイトル通り、秘書にとっては天国と地獄の夢でしたね。

あー楽しかった。天使様達ありがとうございますー。


某方より、戦国ランスで、戯骸とのタイマンでランスを選んで負けたことあるか、と聞かれたのですが、そういえば無かったです。健太郎くんか、早雲を出して、サクッと終わらせていたからね。
ということで、早速見てみました。……どのセーブデータだと、戯骸戦に一番近いか分からなくてちょっと苦労しましたよ。
戯骸もおバカで可愛いなぁ(笑)

それはそうと、戦国ランスの攻略本って、アマ○ンだとあだると商品扱いなのですね。
女性向けのだと普通に売っているので、そーゆーとこ規制ゆるいんだなぁと、再認識。

殿の総見寺蔵の肖像画も載っていて、きゃーきゃーと嬉しがる私。(色んな所でよく見ているくせに……)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【ファンタジーのDNA/光秀の夢信長の夢】

ファンタジーのDNA
理論社
荻原 規子(著)
発売日:2006-11

えーっと、この作者はエッセイ向きの方じゃないなぁと思います……
読者の存在が視野に入っていないような、読みにくさを感じてしまいました。
(私が、赤毛のアンにもナルニアにも思い入れが無いというのも、この本に入り込めない一因かもしれませんが)

物書きならではの、モノの見方というのを垣間見れるという部分では、楽しかったです。

光秀の夢信長の夢
文芸社
重徳 良彦(著)
発売日:2007-04

……読了はしていないのですが。頑張って半分以上は読み進めたのですが、疲れて止めてしまいました。

小説を書きたいのか、研究書を書きたいのか分からないという、私の嫌いなパターンというのもあるのですが、会話が、素人向けに先生役と生徒役を作って分かりやすく説明している学習用サイト等を彷彿とさせるのですよ。
特に冬姫と忠三郎(蒲生氏郷)夫婦を相手に、懇切丁寧に色々と語ってくれる殿とかね……有り得ないし、そんな殿は嫌(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺下サウンドトラック

PS2版の方のサウンドトラックを聴いていて、何だか記憶と違う気がするけど、耳の悪い(音感のない)私のことだから確信が持てず、PC版のと交互に並べて聴いてみました。
やっぱり、若干違いますね。

時間的な部分では、ほとんどの曲がPS2版の方が長くなっています。
PC版の方が長いのは「食虫花」くらいですか。

「Blue Waltz」は、PC版には収録されていませんが、もしかしてこの曲がCDに入るのって、これが初めて?
王レベシリーズは、ドラマだけでしたよね。


話は変わりますが、とある本を読んでいて、「網懸け」という字に「あがけ」というルビがふってあるのをみて、ほぅ、と反応してしまった自分は一体どれだけ社長に毒されているのだろうと思いました。
罠をかけて生け捕ることなのだから、ゲームの筋には合っているよなとか(((((^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まだちまちまと実験くん

前回、BADED3つでズルモード解禁と書いたのですが、その時のデータは、EDそのものは3つだけれども、そこに至るパターンはいくつか試していたので、もう一度実験しなおしてみました。

そうしたら、純粋に3回だけではズルモード出てきません。
なので、色々条件変えて実験してみているのですが、今ひとつハッキリした事がわからないです……

社長の死亡シーンばかり、延々と何十回(もしかしたら百回近くいっているかも…)見続けております。
その内社長に呪われるかも(^^;

メモカをコピーするのに、いちいちディスクを取り出さなければいけないのが、本当に面倒くさくてたまりません。実験くんをするのが億劫になる最大の原因です。(←遅々として進まない言い訳)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【旋風天戯3巻/漱石とともにロンドンを歩く】

私好みの胡散臭い人物が出てきましたよ。
これが乙女ゲーだったら、間違いなく一番最初に落とそうと頑張りますよ(笑)
ヒロイン芦笙ちゃんの目は、貴琅にしか向いていませんけどね。

今のところ、行き当たりばったりな妖魅退治が続いているけど、お父さんはダラダラ旅を続けるわけにもいかないようなので、次巻あたり話が動くのかな?


漱石とともにロンドンを歩く (ランダムハウス講談社 て 1-4)
ランダムハウス講談社
出口保夫(著)
発売日:2007-06-30

出口氏の本を買うのは久しぶりな気がします。

やっぱりねー、こーゆーのを見ると、漱石の足跡をたずねて倫敦を旅したくなりますよ。
「倫敦塔」の文庫本をポケットにしのばせて、かの地を訪れるのが夢です。
……2泊3日程度じゃ行けないから無理なんだけど。

でも、漱石が歩いた当時と変わらない風景が、沢山残っているのってステキですよね。
日本だと、生誕の地も、終焉の地も、往時を偲べないですからね……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社長気取り

ゲーム部屋の表紙絵を変えました。
絵の上部の、ゲームからの引用セリフが、PS2版からなので、「俺の下でAGAKE」の表記にしております。

王レベと、俺下の2組の主従が会食とかしたら、従者同士は、お互いの日常を労いあっているんだろうな(^^;
主人2人は、政治談議とか、経済談義とか、色気のない会話をしていそう。
(一応王子なんだから、その辺のお勉強もさせれているよね)

会談の終わり頃に、おもむろに社長が、「それで、こちらの青年は貢物として受け取っても良いのだろうか。」とか言い出すと、王子は「ダメだ。」ときっぱり断ってくれるんですよ。漢らしいなぁ王子。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちっ

Webラジオ「こちら胸キュン乙女」の番組案内に、「ドキッ☆男だらけの水泳大会」などという文字があったので、当然黒崎ファイナンス主催のイベントだと思ったら違いました。
D3パブリッシャー発売の"乙女"ゲームに登場するキャラのイベントということで、ボブゲのAGAKEは除外らしい……

きっと「ポロリもあるよ」なイベントは、「社長の会」が秘密裏に行っているのね。そこは、女性は観覧すら出来ないのですよ。
などと妄想してみる(^^;
(迷惑メールで、差出人が「社長の会」っていうのが何通か届いていて、名前だけ見ると楽しそうな会だなぁと、思っていたところであります)

ついでに妄想語りを続けようっと。

秘書EDを見ていて、「社長って、社員から慕われていたのか?」とか酷いことを思ったのは私だけではあるまい(爆)
いや、もちろん仕事の出来るトップだから、信頼してついてくる部下は多いのだろうけれども。

でも、出入りの米屋だの酒屋だのを美味しく頂いてしまうのだから、この性癖は周りにある程度知られているのではないだろうか。
そうすると、社内で、「社長室に呼び出されてしまったよ。貞操の危機かもしれん。どうしよう。」とかいう会話が交わされていて、それをドアの影から聞いていた嫉妬に焦げる秘書がこっそりマイナス査定つけていたりとか。そんな会社はとっても嫌だ(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

AGAKEちょっとだけ実験くん

2つのBADEDの条件の違いを実験してみました。

以下ネタバレあり。
 
 
 
 

続きを読む "AGAKEちょっとだけ実験くん"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

読了本【安土往還記】

安土往還記
新潮社
辻 邦生(著)
発売日:1972-04
おすすめ度:5.0

異邦人の目を通して語られる信長様のこと。

克己心で武装された殿が痛々しくて、孤独の深さが切なくて、「ああ、もうっ!何で周りの者共は、殿のことを理解して差し上げないのっ。」と感情移入して読んでしまいました。

光秀が、これ以上己を高めることが出来ない(地位等の世俗的なことじゃなくてね)とリタイアしてしまうのも、切ないです。

細かい設定等はともかくとして、大変惹きつけられる作品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更ながら

「アリスの館7」に入っている、「ランス6その後」を見ました。

館7を買った時点では、まだランス6未購入だったし、あれは「ほいっぷハニー」と「透色」のために買ったから、他のはあんまし見ていなかったし。
あ、でも乙女ゲーマーなので「DEBUT」は楽しかったですよ。琴子ちゃんは、どっちかというと乙女ゲー向けキャラというより、ギャルゲ向けキャラ寄りな気もしますが。

それはともかく、ランス6その後にダークランスの話もあると聞いたので見てみました。(「俺の下でAGAKE」に彼の名前が出てきたので)

……確かに切ないというか、軽く鬱入りそうなお話でした。
頑張って強く生きていくんだよ。あんまし明るい未来は望めないっぽいけど。ほろり。って感じ。

「男達の挽歌2」は、じじぃ萌にとってウハウハで楽しかったです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【陰陽師】

陰陽師 夜光杯ノ巻
文藝春秋
夢枕 獏(著)
発売日:2007-06

いつも通りの、ゆうるりとした世界で落ち着く。
本当に変わりのない、ように見えて、晴明と博雅のラブラブ度は着実にアップしている気がするけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGAKEコンプリート。かな?

回想は埋まりました。
が、やっぱりCGは一枚埋まりません。

以下ネタバレあり。
 
 
 
 

続きを読む "AGAKEコンプリート。かな?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AGAKEもうちょっと

穴埋め作業の為リロードしまくりです。

どうでも良いことなのですが、今回「死んだ小鳥の死体」がちゃんと役立つアイテムになっている!
穴ふたぎアイテムから変更なっているとは思っていなくて、気がつくの遅れましたよ(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »