« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

【コルダ2アンコール】5・6・7周目

5周目 志水引継ぎ 普通
6周目 火原引継ぎ 普通
7周目 加地引継ぎ 難しい

これで全員の引継ぎED完了
最後のオーケストラ曲は、柚木様で頑張るぞー。

続きを読む "【コルダ2アンコール】5・6・7周目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【コルダ2アンコール】楽譜……

次からは、きちんと計画的に演奏曲を組み立てていこうと、楽曲一覧表を作成しております。

引継ぎデータだと、主要人物および一般生徒から、「2」の楽譜をもらえる仕様なわけですが、どうしてもくれない人々がいるので、何か条件あるのかなぁと悩んでおりました。

ふと思いついて、「2」のデータを確認してみたら、案の定「音楽」に登録されていない曲が山ほどありました(^^;
そういやコンサートで演奏する曲って偏ってたしなぁ。イベントもコンプリートしていないくらいだから、音楽の方まで気を使ったりしていなかったですよ。

きちんとデータ作成するためには、「2」からやり直さないとダメですか……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【コルダ2アンコール】3周目・4周目

3周目。
月森引継ぎ。ふつうの条件2つ。

4周目。
土浦引継ぎ。ふつうの条件5つ。

やさしいに比べると物価が2倍になるのが厳しい。
以下、ネタバレあるかも。

続きを読む "【コルダ2アンコール】3周目・4周目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【コルダ2アンコール】2周目

課題4つのやさしいモード。
柚木様の引継ぎデータ。

ということで、当然また柚木様狙い。
以下、ネタバレあるかも。

続きを読む "【コルダ2アンコール】2周目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【コルダ2アンコール】1周目

1周目は課題が2つのみの、やさしいモード。
当然のように柚木様EDです。

以下、ネタバレもあるかも。

続きを読む "【コルダ2アンコール】1周目"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【コルダ2アンコール】届いた

アマゾンなのに発売日に届きましたよ。

結局昨日の内には柚木様イベントコンプリートできなかったのですが(^^;
(コンサートは度外視しすればサクサク進むと思うのだけれども、そこまで割り切れなくて)
もっとも、データ引継ぎにはどれか1つでもED見ていれば良いみたいですけどね。

とりあえず、1周目は違いを見るためにデータ引継ぎ無しで始めました。

「2」では鳴りをひそめた感じだった柚木様の意地悪ぶりも復活したようで、楽しいです。

オーケストラ要員確保というのをよく分からないまま進めていた(ちゃんと説明書読みなさい(^^;)のが、第1チェックポイント(?)でようやく理解しました。
……1人1人の一般生徒の情報も見ながら進めなきゃいけないのは、結構面倒かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発送通知

アマゾンから、コルダ2アンコールの発送通知メールが届きました。

何故か私は発売日を27日だと勘違いしておりました。
……しまった、まだ柚木様のイベントコンプリートしていないや。
メール便だから、明日届く可能性は薄いですが、頑張って今晩中に残り1つ見ておかなければ。

AGAKEの時には見事にkonozama状態でしたが、発売日を忘れているようなものだと、ちゃんと発送なるのですね。世の中そんなものだよね……

戦国無双2猛将伝は、元親と権六がED到達。今現在利家の3話まで進めました。
まだ語れる程には出来ていないので、感想はちょっとだけ。

元親では、プレイ中島津のおじさまとは殆ど接触しなかったので、いきなりEDに出てきてちょっとびっくり。
2周目からは、戦場での会話も拾えるように頑張ろう。

権六は、頑固おやじでステキ。
せっかく最終話でサルを倒したのに、やっぱりEDでは城で自刃しちゃうんですね。切ない。

サルが中国攻めしている辺りって、史実では利家はどこにいたんだっけと、一瞬マジで考え込んだバカがここにいます(^^;

犬千代は、見事にわんこキャラですね(笑)
愛玩動物としてお買い上げ(え?)したいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読了本【美しい家/騙し絵の館/京都妖怪紀行】

美しい家 (光文社文庫 か 36-4)
光文社
加門 七海(著)
発売日:2007-04-12

ホラー小説短編集ではあるけれども、これはそんなに不気味な読後感はなかったです。

「緋毛氈の上」などは、少女小説を読んだような感じで、加門さんの作品にはこういう雰囲気のもあるんだと、新鮮に思いました。

「シーボーン」で、主人公の男の子が、ニライカナイを知っているのに、補陀落を知らないというくだりで、普通補陀落の方が一般的に知られているのでは?と思ったのですが、若者達には、カタカナ語のちょっとオシャレっぽい語感の単語なら目に入るけど、地味な単語は眼中にないということもあるのでしょうかね。単に私の知識が偏っているだけ?(^^;


騙し絵の館
東京創元社
倉阪 鬼一郎(著)
発売日:2007-03

これは、老女になっても”お嬢様”と呼んでもらえる執事萌えという視点で読んでみるのも一興かもしれない。


1つ1つのエピソードがあっさりしているので、ちょっと物足りない感じもある。
でも、いくつか今度上洛した時には訪れてみようという所があったので、地図コーナーに一緒に置いておこうっと。

| | コメント (0)

玉砕

戦国無双2猛将伝の長宋我部元親をやっております。
……天国モードでやっているにもかかわらず、小田原城攻めで天守にいた小太郎に体力削りまくられ、あえなく敗退って、いったいどれだけヘタなのでしょう。
ロクにエナジーも補給せずに働いた末の過労死ってことで(爆)
屋内の戦いって、迷子になる率高くて、回復アイテムもなかなか手に入らなくて嫌いー。

某方が、モトチカはSEEVA様っぽい、とおっしゃっていたので、どんなのだろうと思っていたのですが、確かにあの特殊技なら、「破魂波!」と叫び出してもおかしくないかも(笑)
置鮎さんの声というのもポイント高いですよね。(ミラアニメでは、たった一言のみのご出演でしたので、未だに阿蘇編のアニメ化を熱望いたしております)

なかなか笑わせてくれる動きをするので、がんばってEDまで辿り着きたいと思います。
権六も、オープニングだけ見てみたら、かっこいいので楽しみです。

ところで、「時代を意志する」という日本語がよく分からないのですが…
こういうのは単に雰囲気のみの言葉として読み流すのが吉ですか(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読了本【燃える湖底のラム 前編】

動き回るトーテムポールとか、変なモノが色々出てくるなぁ。

小学生の男の子にも、新人だろうとズバリ指摘されるアイザック。頼りなさすぎるぞ(笑)

謎な人達、組織も出てきていますが、黒い心臓そのものの謎も深まってきているみたいですね。今後どういう展開に持っていくのでしょうか。


シュバとは関係ないのですが、はさみ込みの乙女ちっく通信には、来月のラインナップの中に樹川さんのグランドマスター!が載っているのですが、Webコバルトには載っていないですね。発売延期になったのかな。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暇人

戯骸の一連のイベントを簡単に見かえせるようにと、いちいち画面保存をしてみました。
そうして、総勢200枚強の画像をクリックしていくのも面倒だからと、アニメーションに一まとめ。
音が無いのも淋しいなぁと、ランスのサントラは持っていないので、代わりに俺下の「食虫花」を合わせてみる。
ランスくんの悲愴感が増して、別のゲームのようだわ(笑)

そんな暇人なことをしていたら休日が終わってしまった。

せっかく戦国無双2の猛将伝を購入したのに手を付けられなかったわ(^^;
明日以降、画面酔いしない程度に、ゆるゆると始めることにしようっと。

権六を使えるのと、元親がどんなキャラクターなのか見てみるのが楽しみー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »