« 三国恋戦記 人物一覧 | トップページ | 孟徳&文若のお茶 »

宵山

7月16日。祇園祭の宵山を見物してまいりました。

上洛の度に毎度お世話になるお友達に、ホテルまで足を運んでいただき、近くでちょっとお茶をした後、いざ宵山へ出発。
実は私今まで、宵山というのが何なのか分かっておりませんでした(^^;
漠然と、"宵"というくらいなんだから、夕刻からのお祭りなのかなぁと思っていましたが、数日前から組み立てられた鉾や山を、夜だけではなく昼も見ることができるのですね。

Dsc02091
橋弁慶山」のお飾り。
……真っ先に、"弁慶"を見たがるのは、まあしょうがないですよね(^^;

この橋弁慶山の近くに、休み山(巡業に出ない)である、「布袋山」のお飾りがあります。
祇園祭についての雑誌を読んでいた時に、この近くに信長様が庇護をした南蛮寺跡
Dsc02094
があることから、南蛮寺の絵の扇子があるという記事を見て、どんなのだろうと気になっていたのでした。
その扇子がこれです。
Dsc02328
結構いいお値段(金壱万円也。おまけとして粽をつけてくれました)でしたが、こーゆーのは縁がないと手に入らないですものね。求めて参りましたよ。
以前、この南蛮寺跡に来た時は、バイクが邪魔だったのですが、今回はなかったから石碑の写真もちゃんと撮れて満足。

「蟷螂山」のおみくじも引いてみました。
Dsc02110
Dsc02111
ぐるぐるとハンドルを回すと、かまきりがおみくじを運んでくれます。

ちょうど山の上に飾ってある蟷螂の試運転が始まり、それまで被せていた雨避けのビニールも一部外されて、しっかり見ることが出来てラッキーです。
(この日は一時雨が降ったりしたので、鉾・山もビニールで覆われていたのです)

Dsc02124
それぞれの会所で、粽やグッズ類を販売しており、購入すれば中を見学させてくれるところもあります。
私達は今回どこもそこまでは見学してきませんでしたけど(^^;
写真は、長刀鉾です。ここは、お金を払っても女性は上がること出来ません……
この長刀鉾の紋となっている「長」の字は、信長様に書いていただいたという話です。
Dsc02333
その字が目当てで、特に必要もないグッズを購入し、袋をゲットしてきました(笑)

↑この「長」の字について確認のためネット内徘徊していたら、芦刈山の会所に飾ってある小袖は、信長様から寄進されたものであるという情報を見つけてしまいました。先に知っていたら現物見てきたのに……

Dsc02120
↑ "宵山"と聞いてなんとなくイメージしていたような風景。

宵山のお楽しみは、山鉾を見るだけではなく、地元のお店のバーゲンであるとのこと。
浴衣や和モノ系の小物類などが、本当にお安く出してあり、女性だったら見て歩くのが楽しいよなぁって感じです。
観光客におなじみの、くろちくも、60%引きとかで売っているのですよ。私が買ったストールは、15,000円のシールが貼ってありましたが、1,500円でした。桜柄なので季節はずれとはいえ、9割引き。

一旦ホテルに戻って休憩した後、婚家が山鉾町内だというお友達のところに寄らせていただきました。
お家の前をお祭り見物の客が通るのを眺めながらお酒を頂くというのも贅沢な体験です(^^)
ところで、出していただいたおつまみの中に、きゅうりが……
祇園社(八坂神社)の神紋が木瓜紋であることから、祇園祭の間はきゅうりを食べないとガイドブックに載っていたのに……
屋台でも冷やしきゅうり売っているところがあって、それはどうなのよという話をしていたのにと言ったら、輪切りでなければ良いそうです(笑)

今回は初めての祇園祭見物ということで、お友達に頼りきりで色々と不勉強でしたので、またこの次の機会があれば、ちゃんと勉強してディープなところまで楽しめるようになりたいなぁと思います。

|

« 三国恋戦記 人物一覧 | トップページ | 孟徳&文若のお茶 »

コメント

…だから、あの袋を所望されていたのね…と今初めて知りました。
芦刈山は、宵山見物の際に、わりとよく訪れる山です。(行きやすい場所だから)
でも、やっぱりそのような事は全く知りませんでした。
来年は心して見てきます。

でも、私も今年はとても楽しゅうございました~。
またぜひご一緒いたしましょう。

投稿: REI | 2010.07.24 21:59

本当に大変お世話になりました。

長刀鉾のところでは、グッズいらないから袋だけ売って下さいとも言えず、とりあえず消耗品のあぶらとり紙を購入してきましたw
芦刈山……またマニアックでピンポイントな情報をゲットしてしまいましたが、来年覚えていらっしゃったらチェックしてみてくださいませ。

投稿: ゆかり | 2010.07.25 18:11

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宵山:

« 三国恋戦記 人物一覧 | トップページ | 孟徳&文若のお茶 »